editor_kanmuri_ka のすべての投稿

皆様は今年一年、どのような「縁」に巡り合えましたか?来年も良縁に恵まれますよう、御縁に関するお話です。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

冠稲荷神社では、お正月が近づいて忙しくなり、師走という言葉がしっくりくる一日となりました。

境内ではお正月に向けた準備が着々と進められております。

本日はパレスのスタッフが、授与所周りに設置されたテントの下にテーブルと椅子を準備しました。

普段は授与所の中に用意されている絵馬を書く用のペンなども外に移動しております。

皆様も年末のお掃除やお正月に向けた準備で忙しいところではないでしょうか。神社に神棚や氏神様のお札や幣束をお求めになる方が多くいらっしゃいます。

新しいお札をお求めになると同時に古いお札をご返納される方もいらっしゃるかと思います。

数日前に古いお札を納めていただく古神札納殿についてご紹介しました。

現在、古いお札を納めて頂いた際、神様とのご縁が切れないように「御縁玉」をお分かちしております。

※時間帯によっては巫女がいない場合もございます、ご了承ください。巫女がいない場合、お持ちいただいたお札は古神札納殿の中にある段ボール箱にお入れください。

縁はとても大切なものです。

縁と聞くと恋愛の出会いを想像する方も多いのではないでしょうか?

縁は恋愛だけではなく、仕事、友達、色々なものに通じています。

皆様が来年も良縁に恵まれますように。

 

新年を迎える準備で益々、活気づいている冠稲荷神社。我らが大塚祐康宮司も朝から晩まで境内を駆け巡ります!そして、拝殿の大鈴となりには小さなお子様用の可愛らしい赤ちゃん鈴が設置されました♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

新年を迎える準備で益々、活気づいている冠稲荷神社。本日からは10名を越えるお正月のアルバイトさんたちにもお手伝いいただくほど、多用になってまいりました。そして、我らが大塚祐康宮司も…にっこり笑顔ですが、朝から晩まで大忙しです!こちらは拝殿横のテントに前垂付〆縄を取り付けているところ。 冷え込みが厳しい本日もニット帽にマフラー姿、防寒対策はバッチリです♪

ん?作業中の宮司の手前で輝いている小さな鈴は…?

じゃん!可愛らしい小さな鈴が拝殿の大鈴の隣に設置されました^^

この赤ちゃん鈴は大鈴を振ってもなかなか音が鳴らない小さなお子様のために、と宮司が用意したもの。よ~くご覧いただきますと、鈴の上に小さな鳥居がちょこんと乗っていて、とってもカワイイんです♪

小さなお子様と初詣にご来社の皆さまは是非、新設の赤ちゃん鈴を鳴らしてくださいネ!

神社ではお正月の準備がもくもくと行われております。社務所では神棚にお入れするお札や幣束などを頒布しております。取り替え忘れないよう、みなさまお気を付けくださいね^^

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です。

今日も風が冷たくて、手が乾燥しております・・・。

群馬の風は乾燥していて、砂埃が舞うと大変です・・・。

みなさん、年末のお掃除などでお疲れだと思います。

冷たい風に当たりすぎて体調を崩さないようにお気を付けくださいね。

神社では、今日は境内の様々な場所の塗装を、業者さんが塗り直してくださっていました。

最初は下塗りとして、白い塗装を塗ってから朱色の塗装を塗っております。

寒空の中作業していただき、ありがとうございます。

一年にかけて落ちてきた色が、新しい色が入って、元の朱い色になっていくところは、見ていて感動いたします。

また、お参りするところには門松が置かれました^^

門松が置かれると、「あー、お正月だなぁ」ってなりますね*^^*

古くには、門松は木のこずえに神が宿ると考えられていて、年神様を家に招き入れるための依代とされているそうです。

最近では大きな門松だけでなく、ホームセンターなどでかわいい門松などが売られています♪

お正月飾りも色んな種類があると、お家にあわせて置く事ができますので、華やかになりますね(≧ω≦)

残り少ない12月ですが、皆さま大掃除やお正月準備など、そうぞお忘れなく!!

冠稲荷神社では、年末年始もたくさんのご来社をおまちしております*^^*

お正月ももうすぐです。神棚に祀るお札や幣束をお求めになる方も多くなってまいりました。古い御札ってどうするの?というお話です。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は26日、2018年ももうすぐ終わりです。

境内ではお正月を迎えるにあたってテントが建てられたり、門松が設置されたりといつもと違った様子です。

新しい年を迎えるにあたって、神棚などに新しいお札や幣束をお求めになる方が多くご来社くださいます。

その時に、古い御札ってどうすればいいの?とお思いになる方も多いと思います。

年末でなくとも初宮でお越し下さるお母様が、安産のお札ってどうするの?と聞かれることもあります。

冠稲荷神社では古いお札や御守などは古神札納殿に、古いお狐様は白狐社に納めて頂いております。

ですが、古神札納殿の場所が少々分かりにくいところにあります。

拝殿に向かいます。

左側を見ます。

まっすぐ進むと

七福神殿があります。あれ?右端に・・・

古神札納殿の文字が・・・。右側を見ると、

お焚き上げの看板が!イチョウの木の反対側に回ってみると、

ありました!こちらが古神札納殿です。

正面から見た写真です。奥の箱にお持ちいただいた古い御札や御守をお納めください。

ちなみに神楽殿から見ると

左側に古神札納め殿があります。

ちなみに古いお狐様は、

こちらの白狐社にお納めください。

新しい御札や幣束などお求めの場合は、授与所または社頭に直接お越しください。

 

 

 

平成30年師走…今、この時期に安産祈祷にご来社いただくママは来年5月頃、新元号ベビーの誕生をお祝いされるママです^^ 冠稲荷神社では命名書の発行や命名相談も承ります。どうぞお気軽にお問合せください^^

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

こちら太田市は本日もよく晴れましたが、冷たい風が吹く冬らしいお天気でした。

 

さて、最近、ご祈祷の受付を行う時にふと気づいたのですが、安産祈祷で出産予定日を「5月○日」とご記入いただくママが増えてきました。来年5月ということは…はい、そうです!新元号ベビーたちの最初のお誕生月です!

4月30日の天皇陛下の譲位にともない新元号が始まるのが5月1日ですから、この日以降に生まれる赤ちゃんは新元号の最初のお子様たち。

ミレニアム・イヤーの2000年や21世紀のスタート2001年のときように「記念日ベビーを授かりたい」という機運が再び高まるのでしょうか?

平成○年生まれ、ではなく「新元号」元年生まれ、としてこの世に誕生する赤ちゃんたち。平成元年の時もそうでしたが、なんだか特別な感じがしますネ^^ 反対に平成31年のうちに授かりたいというママもいらっしゃるかもしれません。

どちらにしても赤ちゃんが生まれるということはママにとって、パパにとって、ご家族にとって特別なことですね。

冠稲荷神社では「命名書」の発行も承っております。授与の際には拝殿にお上がりいただき、神職がご祈祷(修祓・祝詞奏上・玉串奉奠)いたします。
※命名書発行(祈祷含む)は初穂料5千円をお納めいただいております。

また、お子様の命名相談も承っておりますので、ご希望の方はどうぞお気軽に社務所(フリーダイヤル:0120-32-7000)までお問合わせください。

本日、神社で婚活・神社で恋愛「DEAINARI(であいなり)」を開催いたしました!拝殿にて縁結(えにしむすび)のご祈祷をお受けいただき、ティアラ グリーンパレスにて美味しいお料理とNAORAIパーティーをお楽しみ頂きました♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

本日は午後6時30分より、神社で婚活・神社で恋愛「DEAINARI(であいなり)」を開催いたしました!

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました^^ 今回のDEAINARIをきっかけに良い縁(えにし)が結ばれますよう、お祈り申し上げます。

 

さて、DEAINARIに初めてご参加いただく方から「どんな事をするの?」というご質問をいただくことがありますので、少しだけご紹介させていただきます^^

受付は神社となりのティアラ グリーンパレスのロビーです。会費をお納めいただきましたら、お近くのテーブルにて名札とプロフィールカードをご記入いただき、スタート時間までお待ちいただきます。※名札は下のお名前をひらがなでご記入いただきます。また、プロフィール・カードは公開したくない情報は未記入でも大丈夫です。

午後6時30分になりましたら、宮司の先導にて境内を参進いただきます。

権禰宜や巫女が雅楽を奏楽しながらの参進、厳かで雅な雰囲気の中を拝殿へとお進みいただきます。

拝殿では縁結(えにしむすび)のご祈祷が執り納められ、神前でのお参りと大太鼓の奉打、お祓いした御守をお受け取りいただきまして…

直会NAORAIパーティーの会場へ。ソムリエ・シェフおすすめのカクテル風味のノンアルコール・ドリンクや洗練された美味しいお料理をお楽しみいただきます♪※直会(なおらい)とは神前に供えた御饌や御酒を参列者でいただくことを言います。また、神事の後、一旦、神様から離れて日常生活に復する、という意味も持つそうです。

もちろん、参加者の皆さまがリラックスして気負いなく、パーティにご参加いただけるよう、ティアラ グリーンパレスの頼もしいキャストが出会いのお手伝いをさせていただきます^^

このようにご紹介いたしますと、一般的な婚活パーティーとは少々、趣が異なることがお分かりいただけたかと思います。冠稲荷神社ならではのDEAINARIであいなりにご興味いただけた皆さま、どうぞお気軽にご参加くださいネ!

お申込みにつきましてはこちらをご参考ください。

先週の投稿はご覧いただけましたか?SDGsについて、第二回目です。本日は、具体的な取り組みについてお話ししたいと思います。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

SDGs(持続可能な開発の目標)について、今回は具体的な取り組みについてご紹介します。

まず、前回のSDGsについての内容はご覧いただけましたか?

SDGsとはSustinable Development Goals略で、持続可能な開発に向けた17の目標と169のターゲットです。

冠稲荷神社では敬自然生活を大切にすることによってこのSDGsに取り組んでいることをご紹介しました。

本日は冠稲荷神社の権宮司が行っている具体的な取り組みをご紹介いたします。

SDGsは17個の目標がありますが、特に、

3、すべての人に健康と福祉を

5、ジェンダー平等を実現しよう

10、人や国の不平等をなくそう

の目標が少しでも良くなるような取り組みをしております。

具体的な行動といたしましては、出張神事やご祈祷、祭典などの神事の際の挨拶などで敬神生活の綱領の内容に触れながら健康・福祉・平等の大切さについてわかりやすくお話をしております。

えっ、敬神生活の綱領ってなに?と感じる方もいらっしゃると思います。

敬神生活の綱領とは神道の方針などを示したものです。

自然の道が平和を開く基礎であること、神や先祖の教えをついで人類の福祉を増進することの大切さを説いています。

この中に三つの方針があります。

1、神の恵みと先祖の恩に感謝し、清らかに生活に勤める。

2、世のため、人のために奉仕すること

3、国の発展と世界の共存共栄を祈ること

簡単にまとめるとこんな感じです。

この敬神生活の綱領を通じて、自然と共に生きることで、健康や福祉の大切さ、男女関係なくすべての国民が等しくその恩恵を享受できること、自国だけではなく、諸外国と格差なく共存共栄していくことの大切さを伝えております。

難しい話となってしまいましたが、皆さんもSDGsについて考えて頂けると幸いです。

ご協力お願い致します。

今日は冬至!みなさん、柚湯のご準備されてますか?今月の限定御朱印は本日まで。朱印の受付所では柚を数量限定でお配りしておりました!成人式の前撮りの方もご来社くださってとても嬉しかったです♪冠稲荷神社は鎮守の森に囲まれておりますので、いいお写真が撮れると思います!!ぜひお参りがてら撮影にいらしてください*^^*

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です。

今日は冬至ですね。

一年の間で最も昼が短く、最も夜が長い日です。

限定の御朱印は本日までの頒布でした。

柚湯に入った可愛いきつねの御朱印*^^*

こちらはみなさん手に入れられましたか?

ご朱印の受付所にも、数量限定で柚を御配りしておりました!

先日境内にて、成人式の前撮りをしていた御嬢さんをご紹介いたします!

金色の帯がとても目をひきます!

白地に色とりどりの花が描かれていて、とてもすてきです*^^*

髪飾りはピンクの大きな花の髪飾り。

個人的に牡丹の花みたいだな、と思いました!

そして本日も、成人式の前撮りご家族の方にお写真をお願いして、パシャリ!

赤いお着物に、金や白の花柄がとても華やかなお着物ですね!

黒い帯にも、金の刺繍が入っていて、お着物をよく引き立てています(*`・ω・*)

花飾りはバラの花のような真っ赤な飾りで、首回りが白いので、さらに引き立ちますね!

そしてそして、今日はまだまだお写真ございますよ♪

七五三に来てくれた、バディくんです!

受付の時から元気いっぱいで、わたしが声をかけると、

「あ!僕の番!?いこいこ!!」

という感じで、ちゃんとついてきてくれました*^^*

お着物もよくお似合いでした!

かわいいおしりにキュンキュンでした(≧ω≦)

いつもご祈祷や前撮りの方々を見ていると、みなさん本当にお幸せそうで、特に成人式や七五三、初宮の方々は、お子様のご成長を喜んでいる様子を見るだけで、私も幸せな気持ちになります。

たくさんお写真を撮って、たくさん思い出をつくっていってほしいと思います。

私たち巫女も、精一杯お手伝いさせていただきます!!

皆さんは神社へのお参りの際に絵馬を奉納しますか?絵馬について調べてみました。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

皆さんは神社にお参りに行った際、絵馬を書きますか?

ということで、絵馬の話をしたいと思います。

「絵馬」というものはそのまま「絵に描いた馬」ですね。

昔は実際に馬を奉納していたようです。

調べてみると、神様の移動の際には馬が必要と考えられていたからだそうです。

お願い事を持った馬が神様のところに行って、お願いを見て頂いて、神様に来ていただくためということでしょうか。

なので、神の乗り物として馬、神馬(しんめ・じんめ)を奉納していたんですね。

しかし、だれでも馬を奉納できるわけではありませんので、木や紙などで作った馬の像で代用し、奈良時代から板に馬の絵をかいて奉納していたようです。

そして、室町時代から馬以外の絵が描かれ始めたそうです。

冠稲荷神社もですが、稲荷神社は神様の使いはお狐様です。

なので、絵馬には馬ではなく、お狐様の絵が描いてあります。

そして江戸時代ごろには、眼病予防の絵馬や、浮気防止の絵馬なども出ていたようです。

また、和算家などは、自分が解いた問題の解法を書いた算額という絵馬を奉納していたそうです。

冠稲荷神社にも最上流算額と関流算額がありますが、これが絵馬であるということに驚きました。

なぜ、算額が神社にあるんだろうともやもやした疑問が解決してすっきりしています(^_^)

冠稲荷神社には大きく分けて二種類の絵馬があります。

実咲絵馬と大願成就の開運絵馬です。

実咲絵馬は健康・子宝・安産・子育て・縁結びと五種類あります。

書くペンは授与所の中に用意してありますのでお気軽にお使いください。

実咲絵馬は実咲社に

大願成就の絵馬は拝殿の南西にある楠の下にお納めください。

 

 

師走も半ばを過ぎ、境内では新年の初祈祷にいらっしゃる皆さまをお迎えするための準備が着々と進められております^^

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

師走も半ばを過ぎ、境内では新年の初祈祷にいらっしゃる皆さまをお迎えするための準備が着々と進められております。

獅子ちゃんが眺めておりますのは聖天宮の麓に設置された厄除・方位除の看板です。

こちらは拝殿前。

いずれの看板もよ~く見ますと、まだ「平成30年」との表示が。。。!?

申し訳ございません、撮影するのが少し早すぎました。。。ですが、間もなく「平成31年」の表示へ切り替わりますので、どうぞご安心ください^^

さて、お正月は非常に多くのお客様で賑わう冠稲荷神社ですが、期間中のご祈祷につきましてはこちらのブログでも追ってご案内させていただきます。

また、Webサイトのお正月のご祈祷(初詣情報)もどうぞご参考ください。

尚、1月1日~1月9日および1月の土・日曜日はお時間指定の祈祷予約は承っておりません。午前9時~午後5まで(1月1日は午前0時~午前2時も受付)、祈祷受付処に直接、お越しいただきお申込みくださいますよう、お願い致します。

 

そして…お正月のお手伝いさんも引き続き、大募集中です^^ 神社で新年を迎える、という貴重な体験ができますよ^^ 学生さんも社会人さんもどうぞお気軽にお問合せください。皆さまからのご連絡をお待ちしております♪