【和装版ウェディングドレス】今回は・・・part2☆

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

料飲プランナーの久保田彩花です☆

前回から花嫁衣装についてお話しさせていただいておりますが、今回は続きのpart2!!

同じ「白無垢」でもどんな違いがあるのか紹介させていただきます(^^)

           ≪ 素 材 ≫

正絹(しょうけん)  天然の絹。天然だからこそ、真っ白というよりは少しきみがかっていて、落ち着いた光沢感としなやかな手触りの良さが特徴。

交織(こうしょく)  縦糸に絹、横糸に化学繊維を使用。

化繊(かせん)    化学繊維。色が真っ白であることが多く、絹と比べると手触りがごわついている。

            ≪ 柄 ≫

・鶴や鳳凰、松竹梅など、縁起のいいとされている柄が一般的。桜や牡丹など、華やかさの出る柄も人気です 

このように漠然と「和の結婚式」の代表的なイメージの、「白無垢」には、古来からの意味が込められていたり、様々な特徴があることが分かります(^○^)

こうした知識を知っているとより一層興味深く感じられます

そして白無垢には付属アイテムが多いのが特徴です(^^)

白無垢の基本についてお話しさせていただきましたが、実は、「白無垢」を結婚式の衣装として着るためには、他にもたくさんの付属アイテムが必要になります

           ≪ 打 掛 ≫

花嫁衣装の一番外側に着る着物で、白無垢の場合は、白い打掛なので「白打掛」と言います

唐織、錦織などの重厚なものや、なめらかな緞子などがあり、そこに松竹梅や鶴亀などおめでたい柄が描かれます!

その他の付属品等については次回のブログにてまた詳しくお話しさせていただきます

ケータリングやってます☆
おうち時間のおともに→ティアラグリーンパレスパーティーサービス

ティアラグリーンパレス公式YouTubeアカウント開設しました☆

先輩花嫁さんたちのエンドロール公開中です(^^)/

公式YouTube→こちら

公式Instagram→こちら

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です