幸せの指輪

こんにちは!(^^)!
ウェディングプランナー鍋谷理紗です♪

本日は結婚指輪の意味をお伝えいたします!(^^)!
結婚指輪は左の薬指につけるもの!
その意味をご存知ですか・・・♡?

左手の薬指は心臓に直結している指と考えられていました。
そして「心臓は人の心」とも考えられていて
愛情を約束するため、結婚という契約のために、
左手薬指に結婚指輪をはめる習慣ができたといわれています!

23

 

婚式で花嫁花婿が結婚指輪を交換するのは、
夫婦としての誓いを形に表したもの(^^)

結婚指輪は毎日身に着けるためシンプルなデザインが多くその形から丸い結婚指輪は「永遠に途切れることのない愛情」を象徴するものとされています。日々身に着けることで相手の存在を強く感じ、夫婦の絆を深め、永遠に愛が続くようにと願いが込められています。

指輪ひとつにもたくさんの幸せの意味があります☆
どうかお二人にとってし幸せのスタートとなりますように・・・♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です