白いウエディングドレスの意味とは?

 

皆様こんばんは、デザイナーの飯島です。

宮の森ウエディングブログをご愛読ありがとうございます。

 

前回「白無垢」について触れましたが、洋装のウエディングドレスも白色ですね。

では、なぜ白色なのかご存知ですか?

 

一説によると18世紀にイギリスのヴィクトリア女王が結婚式で着用したことから爆発的に広がったと言われています。

白いドレスは「富」の象徴でもあり、産業革命後に一般家庭でも広がりました。

また白には「純潔」「無垢」「純真」などの意味合いがあり花嫁にはぴったりだったようですね。

また日本ではよく「あなた色に染まる」とも言われ、昨今では「リセット」という意味合いも。

 

結婚式の衣装や小物一つ一つに意味があります。

その意味を考えると結婚式がより奥深いものになりますね。ウエディングドレス

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です