花嫁行列、「参進の儀」とは?

気候が安定しない日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

デザイナー飯島夏実です。いつも宮の森迎賓館ウエディングブログをご覧いただきありがとうございます。

 

さて、本日は神前婚の儀式の一つ「参進の儀」についてお話ししたいと思います。

まず参進の儀の「参進」には「神前や貴人の前に進み出ること」という意味があります。

つまり神域である境内を厳粛に進む意味があるんですね。

巫女や神職による雅楽の演奏の中、参列者の心を一つにし境内を練り歩く。

違う言葉では「花嫁行列」とも呼ばれていますね。

また参進のには数字の「三」をかけているという解釈もありまして、この「三」には「過去」「現在」「未来」を意味しているとも言われます。

 

神前婚では細やかな儀式、一つ一つに意味があります。

宮の森迎賓館ウエディングブログでは皆様にそれをお伝えできるよう頑張っていきますので宜しくお願いします。

参進の儀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です