和装で人気の白無垢!込められる日本女性の強い意志

皆様いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます。
ウェディングプランナーの小林保奈美です。

神前式でお召しになる衣裳の1つに「白無垢」がございます。
なぜ式では白無垢と綿帽子が定番なのでしょうか?

__

綿帽子の下には角隠しがございます。角はあの世の鬼の
象徴です。白衣裳に綿帽子ですので一度生まれた場所としての
自分をなくすことを意味します。
神前式後、披露宴で赤色の色打掛をお召しになることが多いのは「赤」
は血液をあらわし、生まれ変わりの赤ちゃんを意味しています。赤を体に取り入れてよみがえりをあらわしているそうです。

和装の意味から「嫁ぐ」ということは生まれ変わって生きていくんだという日本女性の強い意志が感じられます。
古来の日本人の覚悟、、、大切にしていきたい思いです。

IMG_2701_2 - コピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です