夫婦初めての共同作業ケーキ入刀の意味とは?様々なウエディングケーキもご紹介!

みなさまこんにちは。デザイナーの飯島夏実です。

寒さが一段と厳しくなってきましたが、昨日の早朝はなんと濃霧。
今週中には関東で積雪かも?と予報もあり、心配が募ります。

さてでは今回は披露宴でおなじみ、ケーキ入刀についてご説明。
ケーキ入刀の大きな意味は「幸せのおすそ分け」。
新郎新婦からゲストへのケーキ=幸せの振る舞いという意味です。

またケーキ入刀の由来ですが、こちらは古代ギリシャまで遡り、元は将来を誓い合った二人がパンを二つに分けた事が由来だとか。

現在のケーキの形に近くなったのは18世紀のイギリス。
ヴィクトリア女王の時代に3段重ねのシュガーケーキが元となったそうです。

そう考えるととても歴史の長いイベントなのかもしれませんね。

現在のウエディングケーキは多種多様。
ケーキカット用のウエディングケーキなんていうものもあります。

__ 2

__ 5

 

なかにはケーキではないケーキ入刀も?
こちらお寿司でできたウエディングケーキ。ケーキカットならぬ寿司カット。

 

__ 3

 

ぜひ自分たちなりの幸運のおすそ分けをしてみましょう!

冠稲荷神社ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話0276-32-2111
FAX0276-32-2112

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です