和婚の魅力である白無垢や色打掛、引き袖などなど!イメージや雰囲気でお気に入りの一着を見つけましょう!

みなさまこんにちは。デザイナーの飯島夏実です!
宮の森迎賓館ウエディングブログのご愛読ありがとうございます!

和婚といえば着物ですね!
今回はそんな着物たちのご紹介です!

まずは定番の白無垢。
もっとも格式が高く、挙式時のみ着用される婚礼衣装です。
白一色のイメージがありますが、袖口や襟元に赤を押したものや金糸などをアクセントにしたものなど様々な種類のものがございます。

続いて色打掛。
華やかな色合いや柄が特徴的ですね。
挙式後の披露宴やお色直しに使われますね。
縁起の良い柄や色合いで選ぶ楽しさがありますね。

 

次は引き振袖。
裾を引きずって着る振袖のことで「お引きずり」とも呼ばれます。
挙式でよく着られるのは黒地の引き袖、通称黒引きです。
江戸時代までは白無垢よりも黒引きが一般的だったと言われております。

次は変わり種の十二単!
平安時代の正装とされており、大変格式高い衣装となっております。
まさに日本の伝統的なプリンセススタイル。
ふんだんに使った布の重ねはとても綺麗ですよ。

最近では新和装と呼ばれる和装も大人気。
オーガンジー素材やドレスのような装いが特徴的です。

和装も様々。
ぜひお気に入りの一着を見つけましょう!

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です