四季折々の境内で行う参進の儀。季節によってみせる顔や雰囲気も違ってきます。好きな時期、好きな季節で神前式を体験しましょう!

みなさまこんにちは。デザイナーの飯島夏実です。 
いつも宮の森迎賓館ウェディングブログをご覧いただきありがとうございます。

神前式で境内を進む「参進の儀」
季節によって様々な顔を見せてくれますが、今回はそんな境内のご紹介です。

まずは春、桜舞い踊る境内。
暖かくもなり気候も落ち着くので人気のある季節です。

夏には深い緑がみられます。
天気も晴れが続きますので、フォトウエディングなどにもおすすめですよ!

秋はもちろん紅葉!
イチョウの絨毯や赤く色づくモミジなどなど。
春と秋は婚礼の2大シーズンとなっていますので特にオススメです。

冬はなんといっても澄んだ空気と高い空。
日が落ちるのも早いので、篝火挙式などもおすすめです。
雪が降ると境内が一面の銀世界に。

 

こちらは篝火挙式の様子。
昼間とは違った雰囲気をみせてくれますよ!

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です