結婚の思い出は写真や映像で必ず残されると思います。自然のままで…。は素敵ですが、和装は足元にご注意ください。

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス      プロデューサー&カメラマンの川田実穂です。

結婚の思い出は写真や映像で必ず残されると思います。

自然のままで…。は素敵ですが、和装は足元にご注意ください。

「残った写真の足が全て開いていた!」ということになっていたら

少し悲しいですよね。

カメラマンとしても少し悲しいかな😢

そこで、和装での足の位置をお話しします。

上記のように花嫁さんの足元が見えている時は、カメラから奥側の足を少し前に出し、足が両方見えるようにします。

奥にある足の親指の付け根位に、手前の足の親指の先が付くようにします。

決して、つま先が外を向かないようにご注意ください。

反対に花婿さんは、足をすこし広げ、つま先も外側に向くように意識してください。

でも、スタジオ撮影でお着物の裾を下ろした時だけ、花嫁さんの足の位置が違います。

上記のようにカメラからに近い足が前に出ます。       花嫁さんの裾がきれいに整えることが出来るからです。

カメラマンがついてのスタジオ撮影やロケーション撮影はカメラマンが直しますが、お友達などに撮ってもらう写真は足元も意識してみてください。

着物姿の綺麗な写真が残せると思います。

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス                                                            群馬県太田市町1番地                    電話:0276-32-2111                               フリー:0120-32-4122                               メール:tiara@kanmuri.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です