【和装に欠かせないアイテムをご紹介♪】それぞれに意味の込められたアイテムで、お気に入りの和装への想いがもっと深くなりますように☆

 

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

プランナーの松本祐美です☆

 

本日は和装の花嫁衣装について詳しくご紹介します♪

一口に和装といっても、実はいろいろな種類があるんです。

そのなかでも、結婚式の定番でお召しいただくことが多い、白無垢についてご紹介です!

こちらの胸元のあたりをよくご覧いただくと、

小物がいくつかあるのがわかりますか?☆

 

まず、手に持っている「末広」というもの。

こちらは花嫁が持つ扇子なんです♪

「末広がりで幸せになるように」という意味も込められているアイテムで、お写真撮りや披露宴の入場時には手に持っていただくものなんです☆

 

次に「筥迫」(はこせこ)というもの。

こちらは、江戸時代から使用されていた化粧ポーチのような役目をするものです。女性には欠かすことのできないものですね♪

現在では本当にお化粧品を入れることはありませんが、
昔ながらの小さな伝統のものとして残されています。

 

最後に「懐剣」(かいけん)というもの。

こちらは、お嫁に向かう女性が自分の身を守るための短剣なんです。

そんなものが必要なの?と思うかもしれませんが、
その昔は命が狙われたりすることもある時代。

知らない人ばかりの中へひとり嫁ぐ女性の、いざというときの護身用の刀だったんですね。

奥が深い、、、。

 

そんな3つのアイテムが揃って、花嫁姿が完成するんですね♪

色打掛の場合は色がついたものもご用意できます☆

こんな風に、お着物のなかのアクセントとして使ってみると

雰囲気もまとまって上級者なコーディネートになりますね♡

 

小物一つ一つにも意味が込められている和装

ぜひ皆さんにもお召しになって頂きたいです♪

 

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です