【ドレスだけではない!!第2弾☆】またまたお着物の魅力をご紹介します♪

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

料飲プランナーの久保田彩花です

本日は前回の続きからお話させていただきます₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

色打掛

「白無垢」に対して、色が付いた「色打掛」(いろうちかけ)という衣裳もあります!!
打掛の場合、中に着るきもの(掛下着と呼ぶ)は兼用できるため、白無垢から色打掛に変えるのは比較的時間がかからず、お色直しの衣裳として着ることが多いです

ウエディングドレスの後のお色直しにも、また和の挙式の衣裳として色打掛を選ぶこともできます!!ただし先に色を着てしまうと白無垢には戻れないというルールがあります・・・

色打掛には、祝いの色とされる赤の打掛をはじめとしてさまざまな色のものがあり、特色として、織りや染め、刺繍、箔などさまざまな技法で、鶴亀、鳳凰、松竹梅、富士山、御所車(ごしょぐるま)などの伝統的な絵柄が描かれています

それらは結婚式に豪華さを演出するだけでなく、いずれも花嫁が幸せになってほしいとの願いが込められたものなのです

引振袖

引き振袖は、成人式で着る振袖(中振袖)とは異なり、袖が長くなり、裾にふき綿が入っています!!「大振袖」「お引きずり」ともよばれています

今では色とりどりの引き振袖がありますが、昭和初期までは黒色が一般的で、黒引き振袖を「黒引き」ともいいます!!黒引き振袖は白無垢とは逆に、「他の色には染まらない」という意味合いがあります(。・ω・。)

引き振袖は未婚女性の第一礼装とされており、結婚式は振袖を着る最後の機会ということや、色打掛よりも軽くて動きやすいということから、根強い人気があります

最後までご覧いただきましてありがとうございました(*^_^*)

ケータリングを行っております!!

おうち時間のおともに→ティアラグリーンパレスパーティーサービス

ティアラグリーンパレス公式YouTubeアカウント開設しました☆

先輩花嫁さんたちのエンドロール公開中です(^^)/

公式YouTube→こちら

公式Instagram→こちら


宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です