花嫁衣装の色にも意味があります!婚礼に欠かせない3原色をご存知ですか?「白」「赤」「黒」に込められた意味をお教えします!

みなさまこんにちは。デザイナーの飯島夏実です。
いつも宮の森迎賓館ウェディングブログをご覧いただきありがとうございます。

さて婚礼に欠かせないと言われる3色、「白」「赤」「黒」の「婚礼3原色」を皆様はご存知でしょうか?

まずは白色。
「白色」は清廉潔白を表し、また「嫁ぎ先へ染まる」という意味があります。
そのため純白の白無垢は一番格上の正装とされています。
また白色は昔から神聖な色とされていますね。  

赤色は「内に秘める情熱」「一生懸命にお仕えする決意」という意味です。
江戸時代には打掛の裏地に使用するようになり、血の赤を意味しました。

「黒色」は引き振り袖によく使われる色ですね。
「嫁いだ後、他の色に染まらない」とう意味合いがあります。
お色直しにもよく使用される色ですね。

結婚式に関わる一つ一つに意味があります。
そんな意味を知っておくと結婚式への意気込みが違ってくるのではないでしょうか?

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です