平安時代のお姫様になれる十二単!とてもカラフルな色合いで、昔は特別な人しか着ることのできなかった衣裳☆日本人ならではの伝統的な神前式を!

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

チーフプランナーの深井美沙です☆

昨日は、色打ち掛けについてご紹介いたしましたので、本日は十二単について☆

真っ白な白無垢、可愛らしい色打掛なら見たことがあるけど、十二単の神前式は見たことがない!そんな方も多いと思います。

十二単は、平安時代に女性の正装とし、貴族である身分の高い女性だけが着用を許されていました♪

お雛様や、現在でも皇族の婚礼衣装として用いられていますね♪

 

 和装の中でも、十二単は贅沢に布が使われていて、色や柄がとってもカラフル♪色重ねで魅せることができる衣装です!

十二単に合わせるヘアースタイルも、大垂髪(おすべらかし)や垂紙(すべらかし)など、がありますが、今は洋髪で仕上げる方もいらっしゃいますよ☆

 

特別な人しか着られない十二単を着て神前式☆
皆さんにとって、大切な1日にはぴったりの衣装ですね♪

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です