結婚式でよく聞く「大安」「仏滅」とは?昔から冠婚葬祭と深く結びついている六輝・六曜をご存知でしょうか?結婚式に良い日とは?

みなさまこんにちは。デザイナーの飯島夏実です。
いつも宮の森迎賓館ウェディングブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、結婚式の日取りを決める時に「大安」や「仏滅」を気にしたほうがいいと聞いたことはありませんか?
この大安とは六輝(ろっき)・六曜(ろくよう)と呼ばれる暦注の一つです。
日本では昔から冠婚葬祭と深く結びついています。

「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の6つをさし、それぞれに意味があります。

「先勝」は先んずれば勝ち、万事急ぐといいそうです。
午前中を吉としています。

「友引」は朝は吉、昼は凶、夕を吉とします。
友を引くのでお葬式を避ける事が多いです。

「先負」は先んずれば負け。
先勝とは違い急用を避け、午後を吉とします。

「仏滅」は仏も滅する凶日という事ですが、仏教は関係なく元は「物滅」といったそうです。
お祝いごとなどを避ける事が多いですね。

「大安」は大いに安しという事で何事も吉。
婚礼でよく選ばれる日ですね。

「赤口」は正午ごろの時間帯のみを吉とします。
赤という時から火の元を気をつける日とも。

祖父母世代の方は気にされる方も多いですのでご参考までに。

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です