【六曜ってなんだろう?】結婚式はやっぱり「大安吉日」がいいわ!というプレ花嫁は必見!!六曜の本当の意味をご存知ですか?気にする・しないに関わらず、歴史や知識的なことは、知っていて、理解したうえで判断しているのかそうでないのかが重要です(*゚∀゚*)

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

新米プランナーの里見朋香です(^o^)/

夏本番台風10号がやって参りました

空を見上げると…大きな入道雲が…ヾ(´゚Д゚`;)ゝ

今日は雨が降ったり、止んだりとヘンテコなお天気でしたね

さて本日は「実はよく分からないかも!?六曜(ろくよう)ってなに?」と題しましてご紹介致します(*´ω`)/

結婚式をするなら大安吉日がいいなとお考えの新郎新婦様が多いのではないかと思います

よく聞くこの大安とは『六曜(ろくよう)』と呼ばれる歴注の種類の事なんです(p´;Д;`)q

『六曜(ろくよう)』とは、中国から伝来した占いが元になっていて、その日の運勢の吉凶を表す六種の事をいいます

『六曜』は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種で、結婚するのにいい日・悪い日の基準としてよく使われます

それぞれの意味などを2回に分けてご紹介致します(´・∀・`)

【先勝(せんしょう)】
「先んずれば即ち勝つ」という意味を持つ【先勝】は、何事も早く済ませる方が良いという日 三└(┐Lε:)┘

【友引(ともびき)】
「友を引く」という意味を持つ【友引】は、「幸せのおすそ分け」という別の意味も持っているので結婚式には喜ばれる日です

プチ情報ですが…(´っω・`。)                 友引は「友を冥土に引く」と言われ、お葬式の凶日なんです

【先負(せんぶ)】
「先んずれば即ち負ける」という意味を持つ【先負】は、急がず平静であると良いとされている日(。σω-。)

午前は凶で午後が吉なので、夕方や夜のウェディングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

夜ならではの演出で素敵な結婚式にしてみては(人*´∀`)

六曜なんて気にしないわという方や             絶対気にしますという方も

こういった歴史や知識的なことは、理解したうえで判断しているのかそうでないのかが重要なのです(*`・ω・)ゞ

さて本日はここまで!!

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です