結婚式の和装の種類は白無垢・色打掛だけではないんです♪十二単や大振袖、神前式だからこそ着ることのできる衣裳☆成人式で着た振袖をお色直しで着る花嫁さんも増えています✿

みなさんこんにちは!

群馬県太田市の結婚式場 ティアラグリーンパレス

チーフプランナーの深井美沙です☆

5/1から、新元号【令和】となり令和婚が増えてますね♡

御結婚された皆さんおめでとうございます(^^)/

さてさて、和婚って白無垢や色打掛が注目されますよね!

本日は、白無垢や色打掛のほかにどんな和装があるのかご紹介します✿

白無垢は、もっとも格式の高い正礼装で、ただ白いだけではなく、刺繍が入っていたり、クリーム色だったり、たくさんあります(^o^)

色打掛で神前式を挙げられる方も増えており、華やかさがゲストの目を引きますね✿

他にも、大振袖、十二単などがあります(^^)/

大振袖は色打掛と似ていますが、ポイントは後ろの帯が見えていること☆

色打掛よりも動きやすく、帯の色や結び方によってさらに華やかさを出すことがで着る衣裳です♪

また、最近増えているのが振袖♪

独身最後、代々受け継がれている振袖を記念としてお召しになられます(*^^)v

花嫁として特別な一日、お気に入りの衣装で過ごしてくださいね☆

宮の森迎賓館ティアラグリーンパレス
群馬県太田市細谷町1番地
電話:0276-32-2111
フリー:0120-32-4122
メール:tiara@kanmuri.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です