タグ別アーカイブ: 冬至

本日は二十四節気の一つ「冬至」です。日が短いためか曇りのためか、境内も暗くなるのが早かったです。年末ももう少しですね。大掃除をされる方も多いと思いますが、無理をされませんよう、健康に新しい年を迎えられますよう、ご自愛ください。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は二十四節気の冬至です。

一年の間で昼の時間が短く、夜の時間が長くなる日です。

冬至と言えば代表的なものというとゆず湯ですね。冬至(とうじ)と湯治(とうじ)をかけ、無病息災であれば融通(ゆうずう)が利くという説があるそうです。

また、カボチャや小豆粥、「と」の付く食べ物を食べるなどの風習もありますね。魔除けの為、栄養を取る為、体を暖める為など様々な理由があります。

冬至は夏至から徐々に日照時間が減っていき、太陽の高さも一年で最も低くなるので、太陽の力が一番衰える日と考えられてきました。

そして、冬至を境に衰えていた太陽の力が再び強くなるので、冬至の事を「一陽来復」とも言います。

他にも「一陽来復」には、悪いことが続いた後に幸運に向かうという意味もあります。

また、七十二候は初候「乃東生(夏枯草生ず)」です。意味は夏枯草が芽を出すです。乃東(だいとう)、夏枯草(かこそう)とはうつぼぐさのことです。

あらゆる草木が枯れていくこの季節にうつぼぐさだけ芽を吹きはじめるため、「一陽来復」と同じように希望をもたらす意味があります。

今月の神様朱印の神倭磐余毘古神も東征の際、東に軍を向けて進んだところ、戦いにおいて長兄の五瀬命が負傷しました。

神倭磐余毘古神は太陽神である天照大御神の子孫です。

なので、太陽神の子孫である自分達が、東に(太陽に)向かって戦うことは、天の意思に逆らうことだと考え、迂回し太陽を背にするように進んだという説があります。

本日は太陽の力が弱く、境内も早めに薄暗くなってしまいました。新年に向けての準備もあるかとは思いますが、気温も低いので、温かい柚子湯に浸かって温かいものを食べ、風邪などひかれませんよう、ご自愛ください。

 

 

今月は「冬至」にちなんだ限定朱印をお授けしております。冬至には「ん」のつく物を食べると縁起が良い!?

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

ご好評いただいております「限定朱印」につきまして、今月は「冬至」にちなみ、「柚子湯」につかるキツネさんをモチーフにした朱印をお授けしております^^

今回はその「冬至」や「柚子湯」について少し調べてみましたので、ご紹介いたします♪
※手水舎の向かいのモミジをバックに撮影しました!

「冬至」とは二十四節気の一つで暦の上ではちょうど冬の真ん中に位置し、一年のうちで最も昼が短く夜が長い日です。今年は12月22日にあたります。

一年で日照時間が最も短い日…という事は翌日から長くなるという事でもあり、冬至を境に再び太陽の力が蘇ってくることから「一陽来復」で運気が上昇すると言われています^^

そして、冬至には「運」を運ぶ、として昔の人たちは「キンカン」や「にんじん」、「うどん」など「ん」のつく食べ物を食べて縁起を担いだそうです。

※社務所の横のキンカンを撮影しました!

また、「冬至に柚子湯に入ると風邪をひかない」と言われますが、なぜ「柚子」なのでしょう?

「強い香りで邪気を祓い身を清めるため」という説や、「寿命が長く病気に強い柚子の木にならって無病息災を祈る」という説があるそうです。

実際に柚子湯には血行を促して体を温めて風邪を予防する、という効果もあるそうですから、先人たちの知恵に敬服です。

皆さま、これから年末にかけて寒さがますます厳しくなりますので、どうぞご自愛ください^^
※今朝の大鳥居のモミジです!