冠稲荷の境内には四季折々の自然が溢れております♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日7月28日は土用の丑の日です♪栄養たっぷりの美味しいウナギをいただいて、暑い夏を健やかに過ごしたいですね♪

冠稲荷の開運「うなぎ弁当」はご好評につき、7月31日(土)と8月1日(日)、8月7日(土)と8月8日(日)にお受け取り分のご予約も承ります。神社となりのティアラ グリーンパレスのフリーダイヤル:0120-32-4122へ、どうぞお気軽にお問い合わせください(^^)

さて、夏本番を迎えて毎日、蝉さんたちの大合唱が境内に響いております(笑)どこにとまっているのかな~、と樹木の幹や枝を探してもなかなか見当たりません…。相当な数がいるはずなのですが、鳴いている姿は容易に見せない蝉さんの不思議です(^^)※発見!実咲社の桜の木に見つけた蝉さん。ミ~ン、ミン、ミン♪羽を震わせて一生懸命に鳴いてました(^^)

そして夏を彩る花、サルスベリは来月8月の縁守に込められております。鮮やかなピンク色がとても元気な印象です♪

冠稲荷には四季折々の自然が溢れております。ご来社の際には移ろいゆく季節を肌で感じられる境内をゆっくりとご散策なさってみてください♪

明日7月25日は安産祈願に良いとされる戌の日です♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

連日、暑い日が続いておりますが皆さま、いかがお過ごしですか?日中、当社へご来社の際にはエアコンの効いた授与所やカフェをご利用いただきながら、どうぞ涼しくお参りください(^^)

さて、明日7月25日は戌の日です♪犬(戌)は沢山、子供を産んで比較的、お産も軽いことから安産祈願に良い日とされております(^^)

安産祈祷については既に沢山のご予約をいただいておりますが当日、直接ご来社いただいてのお申込も承ります。ご祈祷は午前9時~午後5時まで受付いたしますが、明日は拝殿にて神前結婚式が執り行われますため、午前10時~11:00頃以外の時間帯を目安に窓口へお越しくださいm(__)m

境内には子宝伝説の残る木瓜(ボケ)とそこに鎮座する実咲社がございます。安産祈願の際には是非、こちらへもお参りいただき神様のお恵みをお受けとりください(^^)

また、安産祈祷をお受けいただいた皆さまにお分かち致します絵馬は実咲社の安産キツネ様にご奉納くださいm(__)m

7月28日は土用の丑の日。お参りの後に開運「うなぎ弁当」のお持ち帰りはいかがでしょう♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます!前回の投稿は7月7日、二十四節気の「小暑」でしたが、あっという間に明後日7月22日は「大暑」を迎えます。どうりで暑いはずですね(笑)そして、長らく投稿をお休みしてしまい、スミマセンでした…m(__)m

今朝、ご参拝にいらしたお客様が「木が沢山あって涼しいね」と、お話しされていらっしゃました。仰るとおり、炎天下でも宮の森の木陰では日中、清々しい風が吹き抜けております♪※炎天下では日向と日陰の路面温度差は20℃あると言われております!

とは言え、梅雨が明けた途端、連日の猛暑。。皆さま、ご来社の際には熱中症に十分、お気をつけください。尚、授与所やおみくじ処、神社となりのカフェはエアコンが効いておりますので、クールダウンしながらお参りくださいネ(^^)※実咲社の桜でミ~ン、ミン、ミン♪蝉が一生懸命に鳴いていました。

さて、今年も暑い夏を乗り切るために…栄養満点!冠稲荷の開運「うなぎ弁当」はいかがでしょう?うなぎはビタミン、ミネラル、カルシウムが豊富な上、体表のぬるぬるした部分には「ムチン」という胃腸の粘膜を保護する成分が含まれているそうです。うなぎは夏バテ防止にピッタリな健康食なんですネ♪

今年の土用の丑の日は7月28日ですが、私は一足早くいただいちゃいました♪ボリュームたっぷり、ふっくらしたウナギに濃厚なタレ。後を引く美味しさです!

開運「うなぎ弁当」のお申込みはお電話、メール、窓口でどうぞ。また、当社にお参りいただく2日前までにお電話でご予約いただき、お参り当日にお持ち帰り…なんて裏ワザもオススメです♪※百日紅(サルスベリ)が元気に咲き始めると、いよいよ夏本番ですネ♪

本日7月7日は二十四節気の小暑、そして七夕です♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日、7月7日は二十四節気の小暑、そして七夕です☆ 七夕は五節句(1月7日七草の節句、3月3日桃の節句、5月5日端午の節句、7月7日七夕の節句、9月9日菊の節句)の一つでもあります(^^)

織姫と彦星が一年に一度、天の川で出会うという伝説はもともと中国から日本に伝わったものだそうです。織姫の名にちなんで昔は裁縫の上達を願ったものでしたが、最近はさまざまな願い事を短冊に書いて笹の葉につるすようになりました♪皆さまは今夜、どんな願い事をなさいますか?

さて、夕方6時現在のお天気は曇り…。果たして今夜、天の川を見ることはできるでしょうか…?新暦の7月7日は梅雨の真っ只中、これまでもなかなか肉眼では見ることができませんでした。今夜もし、叶わなければ旧暦の七夕に期待しましょう♪

境内の紫陽花を込めて奉製した「縁守」をお授けしております♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

先日、6月30日には夏越の大祓を斎行、清々しく7月(文月)を迎えております。 文月(ふづき/ふみづき)の語源は稲穂が実る頃、穂含月(ほふみづき)という意味が転じたという説をはじめ、七夕や短冊に由来する説など、さまざま。和風月名は旧暦の季節や行事に合わせたもので、日本ならではの文化や習慣にちなんだ語源が隠されているようです。なかなか興味深いので皆さまもぜひ、調べてみてください♪

さて、毎月1日よりお授けしております縁守、7月は境内の紫陽花を込めて奉製いたしました。人気の御守のため、「もう終わってしまっているかな…」と、諦めていらっしゃる皆さま。今月はもう少し、お授けできますので、ご希望の方はお早めにどうぞ♪※巫女さんが奉製する縁守は毎月、限定100体の頒布です。7月の「あじさい」はとても涼しそうな色合い♪

当社では辰巳のお山などで毎年、色とりどりの紫陽花をご覧いただけます♪皆さま、どうぞお気軽にご来社ください(^^)