カテゴリー別アーカイブ: 神事のこと

3月17日(日)は冠稲荷神社にて初午大祭を行います!事務的なお話しにはなりますが、本日は講帳作りをいたしました。

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です。

三連休が終わり、本日はとても落ち着いた境内でした。

こちらは、社務所の前から撮った写真。

本当は月をもっときれいに撮りたかったのですが、上手くいきませんでした・・・(-ω-;)

もうすっかり日も伸びて、17時でもこんなに明るくなりました。

来月3月を迎える時には気温も少しずつ上がって、暖かくなっていくのだと思うと、とても楽しみです*^^*

以前からブログでもお話ししておりますが、3月17日に、冠稲荷神社では「初午大祭」を執り行います!!

春の訪れを祝うこのお祭り、冠稲荷のボケの花が咲く期間に開催される、「春の花まつり」の中の祭典のひとつです。

春の花まつりは他にも、

4月1日 健康長寿祈願祭

4月上旬日曜日 実咲祭

とあります。(※写真は2016年の時のものです)

またブログでたくさん情報をお届けしていきますので、よろしくお願い致します*^^*

神社の準備の一つとして、初午大祭に必要な「講帳」を本日は作りました。

簡単に言うと、御札を受けられる方の名簿です!

こちらの講帳を管理される方を「講元」(こうもと)と言います。

講元の方がお持ち下さったこの講帳から、当日の初午開運安全幸福祈願の御札をお作りします。

当日は、おふだ引換券をお持ち頂いて、御札をお授け致します。

不明点などございましたら、随時神社にて受け付けておりますので、そうぞお気軽にご連絡下さい♪

お電話:0276-32-2500

境内の木瓜の花のつぼみがふっくらして来ました♪木瓜の花は初午大祭を行う3月17日にちょうど見頃を迎えます^^初午大祭は春の訪れを祝う、稲荷神社最大のお祭りです。

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

本日は良く晴れて2月とは思えないほどのポカポカ陽気でした。

境内を歩きながらふと見上げると、木瓜の花のつぼみがふっくらしていました♪開花が待ち遠しいですネ。※スマホ写真のピントがどうしても合わず…スミマセン。。

さて、木瓜の花と言えば、初午大祭を行う3月17日にちょうど見頃を迎えます。

初午大祭は春の訪れを祝う稲荷神社最大のお祭りで、ボケの花の開花にあわせて開催いたします^^

冠稲荷神社では開運、安全、幸福をお祈りする特別祈祷を執り行います。(※初穂料3,000円)

春はお子様が保育園や幼稚園に入園、小学校に入学される季節ですね♪通園バッグやランドセルをお持ちいただきますと、ご祈祷の際に一緒にお祓いさせていただきます。

また、当日は源義経公・新田義貞公に扮する武者に導かれ境内を巡る厄除稚児行列…

そして、太田市重要無形民俗文化財に指定されている細谷冠稲荷の獅子舞を奉納いたします。

3月17日の初午大祭には、皆さまどうぞお揃いでご来社ください^^

最近風速が強く、気温がそんなに低くなくても風のせいで体感温度が低く感じられます。境内の子幟も、強風にあおられておりました・・・。参道の五色絹も風にあおられて、ひらひら揺れておりました。

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です。

一月も既に18日も過ぎましたね。

早いですね!!Σ(゜ω゜;)

私は毎年、一年が過ぎるのは早いなぁ、と思っておりますが、今年は初めてのお正月の慌ただしさもあり、本当にあっという間に時が流れていると実感致します。

今日は何のお話しがいいか、ちょっと悩んだのですが、今日は境内や地鎮祭の時に見られる、「五色絹(ごしきぎぬ)」についてお話し致します。

地鎮祭のとき、神事の際に必要となる竹を立てらないときに、代わりに用いるのが五色絹です。

写真は昨年行った地鎮祭の時のお写真です。

竹の代わりに、四隅にこの様に配置します。

ちなみに、境内にも五色の旗があります。

神楽に用いる鈴にもこの五色絹がついております。

五色絹に用いられる色は「・白・」の五色です。

この五色は陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)に由来すると言われています。その中の五行説は、自然界のあらゆるものは木・火・土・金・水の5つで成り立っているという考えです。

この五行説を色であてはめたものが五色絹です。

ぜひご来社頂いた際は、お近くで見てみてください*^^*

また、地鎮祭の話題に少し触れましたが、神社では地鎮祭以外にも、入居のお祓いや、神棚のお祓い、庭の木を伐採するためのお祓いなどなど・・・。

さまざまな出張神事を承っております。

お日にちはご相談させて頂きますが、なるべく皆さまのご希望に沿って、ご予定を組ませて頂きます!

ご不明な点があれば、お電話でも構いませんので、お気軽にお問合せください♪

HP:https://kanmuri.com/

TEL:0276-32-2500

七五三に祭典など、お祝い事がたくさんあった11月でした。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

今日で11月も終わりですね。冠稲荷神社は七五三のご祈祷や挙式、祭典などお祝い事がたくさんありました。

私はしばらくブログの担当をしておりませんでしたが、その間に行った外祭の一部をご紹介致します。

まず、24日には阿久津町で行われた地鎮祭に随行してまいりました。獅子舞を見学した、荒久の稲荷神社の近くです。神事の最中に猫ちゃんがニャーニャー鳴いていて、一緒にお祝いしてくれました。

次に鳥山上町での地鎮祭です。こちらは夕刻、風が吹き肌寒い中での地鎮祭となりました。

そして27日には西新町の布施製作所様での安全祈願、そして下浜田町安中市、 高崎市での氏神様(お稲荷様)を新しくする神事に随行してまいりました。

安中市、高崎市の氏神様はお母様と二人の娘さん家族の神事でした。

綺麗な氏神様でした。

他にも祭典に随行したりと色々な出張神事がありました。

また、本日は、明治神宮崇敬会蕨支部の方々が参拝に来てくださいました。

参拝の後は拝殿前で記念撮影!

私もカメラマンに入らせて頂きました(^_^)

*ブログの掲載許可をいただいております。

ようこそお参りくださいました。

冠稲荷神社では9時から17時まで出張神事を受け付けております。

また、神事の内容も、地鎮祭、棟上げ、入居、氏神様の設置、解体、神棚の御霊移し、御霊入れなど色々あります。

ご不明な点はメール(inari@kanmuri.com)や電話(0120-32-7000)でお問い合わせください。

阿久津稲荷神社の祭典に行ってまいりました。獅子舞も見学してきました!

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

昨日、阿久津稲荷神社と阿久津荒久稲荷神社の祭典に随行してまいりました。

午後の祭典では獅子舞を見学することができました。三人がそろって舞う姿がとても格好良かったです。舞っているのは地元の小学生です。

このように小学生の子たちが舞うことによって獅子舞が伝承されているのだなと感じました。

三人で動きを合わせ、太鼓を鳴らしたり舞ったりととても素晴らしい獅子舞でした。

獅子舞が終わった後は、子どもらしいあどけない部分ややんちゃな部分が出て、まだ小学生なんだと感じました。

そう思ってしまうほど、舞ってる時はとても大人っぽく、息をのむほど格好良かったです。

また、本日も三柱神社と阿久津稲荷神社と岩松の八幡宮の祭典に随行させて頂きました。

祭典のために、朝早くから準備や清掃をしてくださる方がいらっしゃるので、祭典が滞りなく相済みました。ありがとうございます(#^.^#)

そしてまだまだ七五三シーズンは終わりません!

今日もたくさんの可愛らしいお子様にご来社いただきました。

その数なんと60件!皆さん慣れない着物を着てご祈祷を頑張って受けてくださいました。

今日はご家族でゆっくりとお過ごしください。

 

本日も七五三を迎えられる可愛らしいお子様がお参りくださいました^^日々、神事を通して皆さまの人生の節目、大切な日のお手伝いをさせていただけますこと、とても有り難く思います。

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

太田市内は肌寒い一日となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

こちらは今朝の聖天宮前のモミジです。

先週よりも少しだけ紅葉が進んでいるようですが、まだまだですネ。今週末にかけて気温がだんだんと低くなるそうですので、来週に入ってからの進み具合に期待いたしましょう^^

 

さて、本日も七五三を迎えられる可愛らしいお子様がお参りくださいました^^

皆さま、ご祈祷中は拝殿内の色々なものに興味を示しながら、ご家族そろって神様にお参りいただきました^^

お子様の健やかなご成長とご家族皆さまのご幸福をお祈り申し上げます。本日はようこそお参りくださいました。

 

ところで、冠稲荷神社では先月より週末を中心に七五三祈祷を沢山、多く執り行っておりますが、その他、内祭では安産や初宮、神前結婚式、厄除やお車のお祓い、そして出張神事では地鎮祭や上棟祭、兼務神社さんの秋の祭典にもお伺いさせていただいております。

こちらは先週末、杉之内稲荷神社さんにて秋の祭典を始める前の様子です。

地区の皆さまには美味しそうなお供物も事前にご用意いただき、神事は滞りなく執り納められました。

冠稲荷神社にて日々、ご奉仕させていただいておりますと、神事を通して様々な氏子さんや崇敬者さんの人生の節目に立ち会わせていただくことが多くございます。

皆さまの大切な日のお手伝いをさせていただけますこと、とても有り難く思います。

皆さまに神様のお恵みがありますよう、お祈り申し上げます。

祝詞など、良く聞いてみると色々と面白いものです。祓戸大神についてご紹介します。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

朝から雲行きが悪く、雨が降ったりと寒い日となりました。

本日は大安ということで20人を超えるかわいいお子様がご来社くださいました。

ご祈祷ではまず修祓(しゅばつ)を行います。修祓はお清めの儀式です。祓詞(はらえことば)を奏上して、お清めのお祓いをします。

その祓詞に出てくる祓戸大神についてご紹介します。

伊邪那岐神(イザナギノカミ)は伊邪那美神(イザナミノカミ)に会いに黄泉の国へ向かい、心身が穢れた状態で戻ってきました。

そこで筑紫の日向の橘の小戸の阿波岐原という場所で禊を行いました。

その時に多くの神々が誕生しました。その時に誕生した神々を祓戸大神としています。

ただし、天照大御神や素蓋鳴神など祓戸大神に含めない神様もいます。

また瀬織津比売(せおりつひめ)・速開都比売(はやあきつひめ)・気吹戸主(いぶきどぬし)・速佐須良比売(はやさすらひめ)の四神を祓戸四神といい、総称して祓戸大神という場合もあります。

祓詞はこれらの神々に対して、諸々の禍事・罪・穢れがあったら祓ってください、清めてくださいとお願いをします。

そして心身共に綺麗になった状態で「祝詞」、つまり神様へのお願い事をします。

神職がどのようなお願いを神様に話しているか注意して聞いてみると楽しいですよ。

機会がありましたら、祓詞奏上、祝詞奏上の際に注意して聞いてみてください。

御新居へのお引っ越し前に「入居のお祓い」をオススメいたします^^

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

こちら太田市では午前中から冷たい雨が降り続いております。皆さま、いかがお過ごしですか?

 

さて、先週の日曜日、七五三を迎えるお子様やご家族様にご来社いただき、冠稲荷の境内は華やかな雰囲気に包まれておりましたが、同日に出張神事のご要望もいただいておりました^^

午前、午後と2件の施主様の御新居へ「入居のお祓い」にお伺いして参りました。

 

まず1件目はこちらのスタイリッシュなお宅です。

※施主様にブログ掲載の許可をいただいております。

外観もさることながら内装もおしゃれでモダンなお宅です☆

さっそく、リビングにて大塚権宮司による入居のお祓いを執り行いました。今回も施工会社の株式会社 三陽住建様にもご参列いただいての和やかな雰囲気の中での神事となりました^^

 

そして、2件目のお宅はこちらです。

※施主様にブログ掲載の許可をいただいております。

絵本の中に描かれるような外観、こだわりが感じられる、とても素敵なお宅です。お伺いした際にはご主人がリビングに真新しい神棚を設置されていらっしゃるところでした。

権宮司より御札を御祀りする位置、真榊の配置などをアドバイスさせていただき、神事は滞りなく執り納められました。

 

さて、今回ご紹介させていただいた「入居のお祓い」。あまり馴染みの無い方もいらっしゃるかと思いますが、御新居が完成してからお引っ越しをされる前に是非、オススメしたい神事です。

工事を始める前に執り行う「地鎮祭」から、新しいお家が完成するまでには実に様々な人が携わることになります。施工会社さんはもちろん、配管工事業者さんやお引っ越し業者さんなど、家を建て始める前から完成後にも沢山の人が関わります。

そのような経緯を考慮しますと、お引っ越し前には「入居のお祓い」によって御新居をリセット、クリーンな状態になさると宜しいかと思います^^

「入居のお祓い」の所要時間は準備と片付けを含めて30~40分程度でございます。神職による修祓、祝詞奏上、清祓い、そしてご家族皆さまには玉串を奉りて御拝礼いただきます。

その他、ご不明な点など冠稲荷神社 社務所(TEL:0276-32-2500/e-mail:inari@kanmuri.com)まで、どうぞお気軽にお問合わせください。

 

皆さまに神様のお恵みがありますように。

昨日は大安ということで、外祭に随行してまいりました。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

朝や日が暮れるととても寒くなりました。

体調には十分お気を付けください。

昨日は大安ということで、宮司と共に地鎮祭に行ってまいりました。

全部の写真を撮ることができませんでしたが、その一部をご紹介いたします。

まず、細谷町でお稲荷様を移動されるということで清祓に行ってまいりました。

次に桐生市での地鎮祭でした。

曇りの中でしたが、雨が降ることなく、地鎮祭が執り行われました。

次に前橋市での地鎮祭でした。途中で雲行きが怪しくなってきましたが、なんとか無事に終了しました。

しかし次の栃木県足利市では準備の途中で雨がぱらぱらと降って来てしまい、雨の中での地鎮祭となりました。

次の埼玉県深谷市では再びお天気に恵まれ、明るい中での地鎮祭となりました。

最後の館林市では日が暮れて涼しいというより寒い中での地鎮祭でした。

太田市、桐生市、前橋市、足利市、深谷市、館林市と五つの市、三つの県をまたぐ外祭でした。

また、本日は牛澤神社の祭典と台之郷町での地鎮祭に随行してまいりました。

朝のうちは雨が降っておりましたが雨も止み、晴れ間の中での祭典と地鎮祭でした。

新しいお住まいが無事に事故なく完成致しますように。

冠稲荷神社では、地鎮祭だけでなく、お部屋の入居やお家のリフォームなどを行う際にも、直接お伺いしてご祈祷を行っております。

お気軽にご相談ください。

 

 

どんよりと曇った日でしたが、外祭中はとても気持ちの良いお天気でした。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は雨が降ったり止んだりと変わりやすい天気でした。

本日は高林南町で行われた地鎮祭に随行してまいりました。綺麗なテント内での地鎮祭でした。雨が降らなくてよかったです。

右側の砂山は地鎮(とこしずめ)の儀で使用したものです。

ちなみに地鎮の儀とは、まず施主様に木の鎌で砂山の頂上を崩していただき、次に施工会社様に木の鍬でまた砂山を少し崩していただき、最後に木の鋤で砂山を均すという儀式です。

砂山の草刈り、山を崩して平らにして家を建てるための流れを儀式化したものです。

施主様をはじめ、施工会社様も大きな声で「えいっ!えいっ!」と行っていらっしゃいました。

また、下浜田町の伊佐須美神社で行われた秋の祭典にも行ってまいりました。

以前、参道の改修工事のお祓いを行っておりましたが、改修工事も無事に済み、綺麗な参道となっておりました。

写真が撮れなかったのが残念です。

冠稲荷神社では地鎮祭のほかに、入居時のお祓いや、神棚の解体、また神棚を設置するときなどのお祓いなども行っております。

また、お守りやお御籤は通販も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

メールでの対応もしております。

また、10月限定のご朱印は明後日(21日)までとなっております。