工場の構内神社の安全祈願祭に随行してまいりました!お写真は新潟原動機様とモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン様をご紹介☆

権禰宜の雑賀直子です。

先日も話題に触れましたが
『全国安全週間』が始まりました!
(昨日7月1日から)

開始日の1日が日曜日だったので、休業日がカレンダー通りの会社の皆様には、感覚的には本日からでしょうか?

例年お伺いをしております、工場の構内神社様。
今年もお伺いしてまいりました(随行)!

そのうち2社をご紹介!

先ずはこちら

新潟原動機さまの構内神社様。(生産センター太田工場さま)
とても立派なお社と、境内。
木々の手入れも丁寧にしてくださっています。

そしてモメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社さま。(太田事業所さま)


こちらもとても立派なお社と、

広い境内。
三連の鳥居には、安全祈願祭の為に紙垂も綺麗に整えて下さっていました。

その他にお伺いを致しました神社様も、全て神事は滞りなく執り納められましたので、皆様これからも安全にてお願いいたします(*^。^*)


ところで、『構内神社で安全祈願』を執り行うと『直会』はどうするか?という問題が……(@_@;)
神事を執り納めた後、神前にお供えした日本酒で乾杯する、という「直会」としてはいちばんコンパクトな形式だと思いますが。


冠稲荷神社からお伺いする出張神事を例にするならば、地鎮祭は漏れなく「乾杯」します。

実際は呑むフリだけして地面に流してしまうんですけれども。

地鎮祭以外の神事ですと……半々位でしょうか。

乾杯しない理由
・業務中に飲酒行為は宜しくない
・機械の操業、車の運転を控えているので宜しくない
実際に呑むか否か問題ではなく、形式としても「そういう行為」がある、という事が問題なんですね。

乾杯する理由
・そこまでが神事としての形式だから。
・乾杯せずに解散すると、何だか締らない。
実際には、大方は呑まないですよ、もちろん。でも昔から「神主さん呼んで神事」をすると、「乾杯(直会)」するものでしょう、という事なんですね。

神事に纏わる一つ一つも、時代の流れと共に変わる事もあり。変える事もあり、変えない事も有り。
どれかが間違いで、どれかが正解、という事は、無いのだと思います(@_@;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です