今朝は大雨でしたね。雨が上がった後、境内は清々しい風が吹いていました。風が木々を揺らし、力強いざわめきが聞こえてきました。すぐ近くで水の流れる音も聞こえ、まるで森林浴をしているような気分になりました。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

朝から雨が降って少し寒くなりましたね。境内も雨の音がBGMとなり、とても静かでした。

そのうち雨も上がり、晴れてきましたね。朝の状況から考えられないくらいの清々しい天気となりました(#^.^#)

さて、そんな境内の木瓜の様子です。

花が開いているものも多くなってきました。一つの枝にいくつもの花がついていると、梅の花を見たときのようにワクワクします(*^_^*)

北側のほうも蕾が色づき始めてきています。

南側は遠くからでも赤い花が確認できますね。

めじろっちが来ていないかと探したのですが、残念ながら見つけることはできず・・・

代わりに鳩を見つけました(笑)

最初は一羽だけでしたが、その後もう一羽遊びに来てくれました!驚かせないようにと遠くからしか撮れませんでした(^_^;)

梅の花は散ってきていますが、まだまだ綺麗な姿を見せてくれています。

菅原社付近の梅は紅梅と白梅が隣同士になっており、咲くのも遅かったためか、可愛らしいお花を咲かせております。

晴れてからは風も強まったので、梅の花びらがはらはらと舞い落ちるさまを撮りたかったのですが、難しいものですね。

風が強かったため、楠のざわめきがとても力強くて風流でした。また、厳島社の前にある池の水のせせらぎも聞いていて心安らぎます。

17日には初午大祭があります。木瓜が満開の姿を見ることができるのか、今から楽しみです(*^_^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です