銀杏の色付きが始まりました!太田市内では遅い方では?

権禰宜の雑賀直子です。

本当に急に寒くなりましたが、皆様体調を崩されたりしてらっしゃいませんでしょうか……。

桜前線ならぬ紅葉前線は、北緯と標高との兼ね合いもありますが、群馬県の北部はもうだいぶ落葉が進んでいるそうで(というか、昨晩雪降ったそうですしね)

冠稲荷神社のある太田市内もだいぶ落葉がすすみ、街中の銀杏も良い具合に色付いているようですが。が。

冠稲荷神社の境内は桜の葉は完全に落ちましたので、落ち葉の量は減っていますが、これから銀杏が落葉をむかえます。

とりいまえ

鳥居前からみえる銀杏は色付いてみえるんですが。境内のあちこちのモミジは、色付いていたり、落葉していたり、まだまだ青かったり。

拝殿前

 

銀杏の根本

境内の西側の銀杏の足元にも少しは落葉が………とはいっても

銀杏。みどり まだまだ青いんですよね。

十二月になれば、この大木から綺麗な黄色の、沢山の葉っぱが足元を埋め尽くすようになります。

いなり幼稚園のお子様が、葉っぱを巻き上げて遊ぶ様子も風物詩です。

でも早く時期が来てしまうのも勿体ない!

ゆっくり楽しめれば良いのですが・・・・・・・。

 

さて、明日は挙式、あさってはDEAINARIと続きます。

七五三もまだまだご来社有りますしね!

皆様も、ぜひお散歩がてらにお参りください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です