地鎮祭、祇園祭、そして解体のお祓い。冠稲荷神社チームは本日、3班に分かれて出張神事を行いました^^

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

本日、冠稲荷神社の神職と巫女は3班に分かれてそれぞれ地鎮祭、祇園祭、解体のお祓い、と全部で6件のお客様の出張神事を執り行いました。そのうち私は地鎮祭3件と解体のお祓いに随行させていただきました^^

こちらは佐野市内にて執り納められた地鎮祭の様子。風になびく真榊立が美しいです☆ 施主様の敷地の向かいには芝生が広がる公園があり、とても素敵な環境でした。

ところで、地鎮祭は会場に祭壇や忌竹、お供物などを準備して下の写真のように「神籬(ひもろぎ)」を依代(よりしろ)に神様をお招きして神事を行います。

お供物(お米や御神酒、野菜や果物など)をどこの位置の三方に載せるか、という順番も決まっているんですよ^^ 神様の前で粗相のないよう、抜かりなく準備を整えられるよう、心掛けております。

 

そして、こちらの写真は「地鎮(とこしずめ)の儀」で使用する「忌砂(いみずな)」を盛っていただいている施工会社の社員様。

神事の最中に鎌、鍬、鋤で「エイッ、エイッ、エイッ」と崩されてしまう運命の「忌砂」ですが、丁寧にキレイな形に作っていただけました♪各回の地鎮祭では沢山の施行会社様にもご協力いただき、ありがとうございます!

 

冠稲荷神社からの出張神事につきましてはこちらご参考ください。

皆さまに神様のお恵みがありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です