遠方より団体のお客様がお参りくださいました^^ 宮司の講話、そして巫女舞を奉納させていただきました♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

 

本日は遠方より観光でお客様がお参りにお越しくださいました♪

大鳥居の下、左手には大型バスを降りていらっしゃる皆さまをお迎えする、我らが大塚祐康宮司。

境内をご覧いただきながら拝殿へ。大塚宮司の楽しい話題を織り交ぜながらの講話です。和やかな雰囲気の中、冠稲荷神社の歴史などをご案内いたしました。

そして、幣殿にて巫女舞を奉納させていただきました。この「浦安の舞」の歌詞は昭和8年の歌会始め(勅題は「海」)で昭和天皇がお詠みになられた御製の和歌です。

「天地の神にぞいのる朝なきの 海のことくに波たたぬ世を」

「浦安(うらやす)」とは「浦安の国」のこと。「浦(うら)」は「心」を表し、心安らぐ平安な大和の国、のことです。私も世の平和と皆さまのお幸せを願いながら、舞を奉納させていただきました。

最後に…今回、観光でお参りいただいた皆様よりご奉納いただいたとても立派なメロンです!神様も美味しくお召し上がりいただいたことでしょう♪ありがとうございました!

 

冠稲荷神社では団体ツアーの皆さま向けのご案内を行っております。境内を自由に散策いただいたり、神職による講話や巫女舞の奉納、グリーンパレスでのお食事など、ご希望にあわせてアレンジいただけます。どうぞお気軽にお問合せください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です