大鳥居の桜は葉桜となりましたが、境内の中の他の桜はまだまだ綺麗な姿を見せてくれております。また、八重桜は蕾が膨らんできて、これから花開くようですね。どのような姿を見せてくれるのか楽しみです。

こんにちは

巫女の岩瀬愛梨です。

空気や陽の光はとても春らしいものになっておりますが、風は冷たく、肌寒くなる時もありました。

風に吹かれて最後に残った桜がひらひらと舞い降りてきました。

本日の境内の様子です。たんぽぽの綿毛がとてもかわいらしいです。一昨日には花が多かったのですが、本日確認した所、綿毛の方が多かったです。

綿毛がふわふわ飛んでいくところを撮影したかったのですが、風が穏やかで断念しました(^_^;)

聖天宮の周辺のツツジは綺麗に咲いております。

12日頃見たときには一輪ほどしか咲いていませんでしたが、21日現在は多くのピンクや赤色の花で彩られたツツジが境内を華やかにしております。

こちらはシャクナゲでしょうか、綺麗に咲いております。

拝殿に向かう参道の紅葉は光に照らされ、きらきらと光り輝いております。

そして、こちらも・・・紅葉です。春ですが、すでに赤くなっております。

春でも赤い紅葉の品種があるらしいですね。

私としては、太陽に照らされ、キラキラと光り輝く緑色の紅葉が好きなのですが、赤い紅葉も秋が早く来たような、まだ秋や冬が残っているようなそんな気分になります。

さて、4月19日にしげる工業様にて、塗装工場新築工事の地鎮祭が行われました。こちらは工場の完成予想図です。こちらは神事後のご挨拶の様子です。

こちらのテントの中に祭壇が組まれ、滞りなく神事が執り納められました。

ブログの掲載許可ありがとうございます!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です