タグ別アーカイブ: 木瓜の花

いよいよ10月ですね。。。ということで10月の御朱印を紹介します!

こんにちは。

巫女の髙橋春花です。

いよいよ10月になりましたね。今年も残すところあと2か月と言ったところでしょうか。早いですね。。。

境内も秋本番に近づきつつありますが、先日、季節を間違えて咲いてしまった木瓜の花がありました笑

さて、10月の御朱印についてご紹介致します!

まず『神嘗月詣』『恵比寿講』です。

『神嘗月詣』の神嘗月は毎年10月17日に伊勢神宮で行われる神嘗祭が名前の由来になっています。その年の最初に取れた稲穂を天照大御神にお供えし、五穀豊穣を感謝するお祭りです。コトリさんたちが新米のおにぎりを食べていて、可愛いですね。

『恵比寿講』は商業の神、恵比寿様を祭ろうと始まった行事です。五穀豊穣や大漁、商売繁盛を願うお祭りですね。大黒天様風のうっしーと恵比寿様風のコトリさんが描かれています!

それから、10月の神様は『オオモノヌシノ神』

琴平社の御祭神で、蛇の化身とされる神様です。開運、諸願成就、五穀豊穣など様々なご利益があります。。。

今月は豊作を願う、五穀豊穣にご利益があるものが多くなっています!食欲の秋ということで、いつも以上に食べるものに感謝して食事をするといいかもしれませんね。

本日は実咲祭が11時より執行されました。

こんにちは。

太田市の冠稲荷神社の片野志穂菜です。

今日はよいお天気に恵まれ、境内にはたくさんのご参拝者様がお見えになっておりました。

そして本日は11時より、実咲社にて大塚嘉崇宮司のもと、

「実咲祭」の神事が執行されました。

※写真は雑賀権禰宜による修祓の写真です。

時節柄のこともありましたが、ご参列の皆様はマスク着用のもと、ご参列して頂きました。

今年の花舞の奉納は健康長寿祈願祭と同じく、千葉巫女が行いました。

本人はとても緊張しておりましたが、立派に舞を奉納することができたようです♫

花舞の写真は撮れていないのでご紹介ができず申し訳ないのですが、実咲祭の写真はインスタグラムでもご紹介があるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください♫

花舞の歌詞は、ボケの実サブレの箱に

神社の次の祭事は、6月の夏越の大祓式となります。

その間、桜の季節は終わりますが、境内は鮮やかな新緑の季節となります。

冠稲荷神社の祭事暦にも、4月下旬から5月中旬は「宮の森 新緑祭り」となっております。

あっという間に季節は過ぎていきますが、一日一日を大切にして過ごしていきたいですね。

風が冷たい日もありますが、体調に気を付けて皆様お過ごしください。

満開の桜の下、ロケーション・フォト撮影はいかがでしょう♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

満開の桜を背景に艶やかな振袖姿の乙女が成人のお祝いのロケーション・フォト撮影に臨んでいらっしゃいました♪

お顔出しNGだったのが残念なほど、とても綺麗なお嬢さん♪実は御朱印ファンの皆さまもご存知でいらっしゃいます、筆耕のS先生のお孫さんなんです!撮影中は始終、S先生も笑顔で見守っておられました(^^)

縁結びの桜から場所を移してパシャリ☆ カメラマンはスタジオ ティアラの我らが川田プロデューサーです。木瓜の花もちょうど満開、絶好の撮影日でした♪

花曇りの空の下、色鮮やかなお着物が映えてとても素敵でした♪この度は成人のお祝い、誠におめでとうございます!今後のご活躍とご多幸をお祈り申し上げますm(__)m

境内では周囲のお客様にご配慮の上、どなた様もご自由に撮影いただけます。春爛漫なこの時期に一生の思い出となる記念撮影はいかがですか?スタジオ ティアラ千代衣へのお問合せもお気軽にどうぞ♪

春爛漫♪本日、お花見日和でした。

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日快晴、絶好のお花見日和となりました♪

甲大鳥居のソメイヨシノはここ数日の暖かさで一気に七分咲きほどになりました!

朱色の鳥居と青空、淡いピンク色…とても綺麗です(^^)

厳島社となりの枝垂れ桜は満開です♪

たおやかな咲き方が風情あります♪

樹齢400年、木瓜の花も満開です!今の時期、ソメイヨシノとの共演をお楽しみいただけます♪

とても鮮やかな色、眺めていると元気になります♪

そして、こちらは聖天宮に咲く、ハクモクレンです。背が高くて上から覗けないので…(笑)、空に向かって見上げてみました♪

春爛漫♪冠稲荷の境内はとても華やか、そして沢山の癒しパワーに満ちております(^^) 皆さま、どうぞお気軽にご来社ください。

初宮参りが叶わなかったお子様には「初誕生」祈祷をご案内しております(^^)

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日は日中、春本番の暖かさでした♪木瓜の花は満開、ソメイヨシノの開花も順調です(^^)

南側に位置する赤ちゃん木瓜は五分咲きほどになりました♪花の大きさも赤ちゃんサイズ、少し小さめで可愛らしいです(^^)

こちらはカフェ フォレスタのソメイヨシノです。昨日のブログの写真と比べてみてください♪少しずつですが、たった一日でも着実に開花が進んでいることが分かりますネ(^^)

先日、咲き始めたばかりのハクモクレンも大分、開花が進みました♪上向きに咲く木蓮は背が高くてなかなか上から覗けないのが少々、残念ですが…木瓜やサクラの華やかさとは対照的に静かに佇むハクモクレンも素敵です(^^)

さて、本日も絶好のお参り日和でしたが昨今の状況下、なかなかご来社が叶わない方もいらっしゃるようです。なかには安産祈祷を受けられ無事にご出産されたものの、初宮参りのタイミングを逃してしまった…とおっしゃるお客様もいらっしゃいました。※こちらの写真は先日、初宮祈祷を受けられたご家族様です(^^)

このように初宮祈祷を予定していたけれど叶わなかった、というご家族様にはお子様が1歳を迎えるタイミングでの「初誕生」のご祈祷をご案内しております(^^) 初宮祈祷と同様に神恩感謝とともにお子様の健やかなご成長をお祈り申し上げます♪

「初誕生」祈祷の神事の内容や授与品等につきましては、下表の「初節句・初誕生・賀寿」の欄をご参考ください(^^)

本日はお彼岸の入り、干支は甲子。ここにソメイヨシノの開花を宣言いたします♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

境内のソメイヨシノが開花いたしました!発表の基準5~6輪以上が咲いておりますので、ここに冠稲荷神社のソメイヨシノの開花を宣言いたします♪

写真は神社となりのカフェ フォレスタのソメイヨシノです。テラス席から見あげたところで咲いておりますので、美味しいコーヒーと季節限定の桜モンブランなどをお召し上がりいただきながら、ゆっくりとお花見いただけます(^^)

また、木瓜の花は見頃を迎えておりますが咲いている期間が長いので、これからの時期はソメイヨシノと木瓜を同時にお楽しみください♪

実咲社から見た木瓜も大分、華やかになって来ました!手前の榊の緑色とのコントラストが綺麗です♪

そして、お次は…ニッコリ微笑む職員のAさん♪3月21日(日)の初午大祭に向けて木瓜の花の下で草むしりしてくださっておりました。ありがとうございます!

さて、本日3月17日は春のお彼岸の入り、そして干支は甲子です。甲子は六十干支の始まりであることから、「物事を始めるのに良い日」とされております。勉強や習い事、新規事業など、ご予定されていらっしゃる方は甲子の日をお選びいただいてみてはいかがでしょう?※甲子は七福神の一神、大黒天様の縁日でもあります。

次の甲子は60日後の5月16日(日)です。皆さまに神様のお恵みがありますよう、お祈り申し上げます。

木瓜の花は間もなく満開を迎えます♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

来週、3月21日(日)に初午大祭を控えて、(株)東園芸さんが境内の樹木をお手入れしてくださいました♪昨日ほどではございませんが、強い風が吹く中でクレーンに上っての作業は見ているこちらの方がヒヤヒヤいたしました…(><) 東園芸さん、いつもキレイに整えていただきありがとうございます♪

さて、木瓜の花が満開を迎えようとしております♪昨年よりもボリュームはやや少なめに感じますが、それでも見事な咲きっぷりです(^^) 今朝も早くから沢山のお客様がカメラを片手に木瓜のお花見を満喫されていらっしゃいました。

まず、こちらは辰巳のお山側から撮影したものです。

実咲社から撮影した木瓜はまだ5~6分咲き。陽の当たり具合によって開花に時間差がございます(^^)

お花の真ん中をご覧ください。小さなミツバチくんが美味しそうに蜜を吸っていました♪

花びらは先週くらいまでピンク色の混ざった赤色でしたが、少しずつオレンジの色味が強くなって来たようです(^^)

最後に…聖天宮ではハクモクレンが静かに開花を始めました(^^)

境内の美しい自然は見る人を心安らかにしてくれます♪皆さま、どうぞお気軽にご来社ください(^^)

現在6~7分咲きほど。冠稲荷のボケのご案内です♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

木瓜の花が大分、華やかになって来ました!陽当たりの良い南側はかなりのボリュームですが、全体的には6~7分咲きほどでしょうか♪今年は開花が早く、ちょうど3月21日の初午大祭にあわせて満開を迎えそうです(^^)

さて、本日はこの木瓜についてご案内いたします。冠稲荷のボケは群馬県の天然記念物に指定されております。なんと500本ほどの樹が分岐して一株を形成しております。とても大きな木瓜ですが、いったい何才くらいなのかご存知でいらっしゃいますか?答えは…樹齢およそ300年~400年!とても長生きです♪

時は戦国時代。子供のない婦人が子宝を願い毎日、参拝していました。ある日、修験者より授かったボケの実を煎じて飲んだところ子宝に恵まれ、その家も富に栄えるようになりました。夫婦は大願成就の御礼として神苑に木瓜を植えました。その木瓜が今に残る冠稲荷のボケであると伝えられております。

今も昔も変わらず、神様にお祈りする真心は同じですね♪「冠さんにお参りしたら赤ちゃんを授かりました!」というお声を沢山いただくのは、このような由縁があることも理由の一つかもしれません(^^)

冠稲荷のボケの花は3~4月に開花、間もなく見頃を迎えます♪そして、初夏から実が膨らみ始めて秋に結実します。

古い御札や御守は境内の古神札納殿へお納めください(^^)

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日は一日を通して強い風が吹いていました。境内は樹木に囲まれているため穏やかでしたが、神社の外は轟音とともに吹き荒れる風が畑の砂を舞い上げていました。このように突風を含む春先の強い風のことを春疾風(はるはやて)と呼ぶそうです。そして、この春疾風が繰り返し吹くことで次第に暖かくなっていき、春本番を迎えるとのこと♪

と、いうことで…まずは春を感じる木瓜の写真からご覧ください♪こちらは今朝の木瓜の花です。大分、華やかになって来ました!

こちらも今朝の撮影です。東側も開花が進みました。満開を迎えるのが楽しみです(^^)

さて、昨日のブログでもご案内いたしましたが、3月21日(日)には初午大祭が開催されます♪祭典では大塚宮司が神恩感謝とともにご参列いただく皆さまの開運、ご安全やご幸福を祈念いたします。

昨年も初午祈祷にご参列くださった皆さまは祭典当日、お祀りいただいている御札や熊手をご持参ください。境内にございます「古神札納殿」にお納めいただきますと、お焚き上げさせていただきます(^^)

古神札納殿は拝殿から向かって右手、七福神殿と神楽殿の間の小さなお社です。お賽銭箱の奥の大きな箱へお納めくださいm(__)m

尚、古神札納殿に納めていただけるものは御札や御守、熊手やお正月飾りなど、燃えるものに限らせていただいておりますm(__)m 稲荷宮の白狐様は境内西側の白狐社へ、達磨さんやお人形さんは御霊抜きのお祈り(初穂料:五千円)をしてからお焚き上げいたしますので、社務所へお持ちください(^^)

木瓜は只今、三分咲き♪3月21日の初午大祭では見頃を迎えそうです(^^)

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日は曇りがちでしたが暖かく、過ごしやすい一日となりました♪木瓜は南側から大分、開花が進みまして全体的には三分咲きくらいでしょうか…。「木瓜はどんな様子かしら」と、楽しみにご来社くださるお客様もいらっしゃいます(^^)

遠目でも赤い花がこんなにハッキリと分かるようになりました♪

この分ですと、今年は早めに3月21日(日)の初午大祭で見頃を迎えるのでは…と、予想しております(^^)

さて、いよいよ2週間後に迫った初午大祭。初午大祭は祈年祭や新嘗祭とともに当社における三大大祭の一つと位置づけられております。当日は行事としての稚児行列や獅子舞奉納は控えることとなりましたが、初午祈祷は例年どおり執行させていただきます。日頃よりご参拝くださっている氏子崇敬の皆様はもちろんのこと、この機会に祈祷を受けてみようかしら…というお客様も是非、お気軽にご参列ください♪

初午祈祷(「開運」安全・幸福祈祷)の受付時間は午前9時~午後16時まで、Webサイトからのお申込み、または当日のご来社にてお申込みいただくことも可能です。

尚、この春に入園や入学を向かられるお子様は入園バッグやランドセルもお持ちください。ご祈祷の際に一緒にお祓い致します(^^)

最後に…聖天宮の馬酔木(アセビ)をご覧ください♪いつの間にか咲いていました。スズランのような形をした白い花がとても可愛らしいです。