本日15日は神様をおもてなしする「月次祭(つきなみさい)」。神饌を美味しくお召し上がりいただきました♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

梅雨らしく肌寒いお天気。皆さま、いかがお過ごしですか?

さて、本日15日は「月次祭(つきなみさい)」。神様の「プチお誕生日」に神饌(しんせん)をお供えしてお召し上がりいただきました^^

写真は聖天宮の神様にお供えした神饌です。真ん中の三方の上に「米」、その右隣が「酒」、米の左隣が「干物」、一番右側が「野菜」と「果物」、一番左側が「塩」と「水」。神様へのおもてなし、失礼のないようにどの位置に何を置くのか、決まっております。

当社では毎月1日と15日に行う「月次祭(つきなみさい)」。次回は7月1日です。朝、少し早めのお時間にご来社いただきますと、宮司が聖天宮や幣殿で太鼓を叩く様子がご覧いただけますよ♪

 

さて、巫女が奉製する毎月150体限定の「縁守(えにしまもり」。6月の「聖天宮のつつじ」は残り30体となりました。

男女の縁、人間関係の縁、幸福との縁を結びます。毎月、お参りいただく度にお授けするお客様もいらっしゃるくらい当社で人気の御守です。ご来社の際には是非、授与所へお立ち寄りください。

遠方やご都合によりご来社が難しい皆さまにはこちらからお申込みいただけます^^

 

皆さまに神様のお恵みがありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です