あっという間に今年も残すところ2ヶ月を切りました。神社では早くも新年初祈祷のお問い合わせをいただいたり、お正月の助勤さんを募集しはじめたり…。月日が流れるのは本当に早いものですね。さて、本日は大好評の御朱印について、ご質問をいただくことの多い筆耕(直書き)の対応日等についてご案内させていただきます♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

あっという間に今年も残すところ2ヶ月を切りました。神社では早くも新年初祈祷のお問い合わせをいただいたり、お正月の助勤さんを募集しはじめたり…。月日が流れるのは本当に早いものですね。

一方、境内の紅葉はゆっくりと進んでおります。甲大鳥居のモミジはようやく色づき始めました♪

聖天宮のモミジも少しずつ。。。(^.^)

これから12月にかけては銀杏の紅葉も楽しみですね^^

 

さて、本日は大好評の御朱印についてご質問をいただくことの多い、筆耕(直書き)の対応日等についてご案内させていただきます♪

Webサイトの「神社からのお知らせ」から11月の御朱印についてのページやインスタグラムにてお知らせしておりますが、書置きタイプの御朱印以外で直書きできる御朱印につきましては、土曜日日曜日祝日毎月1日戌の日に社務所にて直書きを行っております。

※それぞれの受付時間は11月の御朱印についてをご参考ください。

また、上記の曜日や日程にご来社いただけない場合には、御朱印帳をお預かりして後日のお渡し、またはレターパックをお持ちいただいて発送、のいずれかの方法によって直書きの御朱印をお授けすることができます

※レターパックはお客様ご自身でご準備いただきご持参くださいm(_ _)m

尚、御朱印帳のお預かり、またはレターパックで発送、の場合には人気の丸文字での筆耕もご選択いただけますので、受付の際にお申し付けくださいm(_ _)m

皆さまのご来社をお待ちしております.**♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です