カテゴリー別アーカイブ: 厳島社

今日から6月です!そして、本日6月1日は「己巳(つちのと・み)」の日、弁才天様の縁日です(#^.^#) 6月からの神様の御朱印も弁才天様なので、何か縁を感じました!

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日はとても天気がよく汗ばむ陽気でしたね。

皆様熱中症にはお気を付けください。

まずは境内の様子からご紹介いたします。

インスタグラムにも載っておりましたヒメシャラとネズミモチを撮ってきました。

こちらがヒメシャラです。甲参道の聖天宮に向かう階段近くにあります。わかりにくいところにありますが、木瓜の花のほうから大鳥居に向かって歩いていく方が見つけやすいです。

次にネズミモチです。変わった名前ですね。こちらは蕾です。風に吹かれて揺れていたため、写真がブレてるかと思います。こちらは花です。はじけるように四つに開いた花が可愛らしいです。

その他ツツジなども綺麗に咲いております。

今日から六月となりました。

新しく変わった六月の御朱印をご紹介いたします。

まずは六月の限定御朱印です。

雨が過ぎて天が晴れるということで「雨過天晴」の文字が入ります。物事が悪い状況からいい方向へと向かうという意味があります。紫陽花とお狐さまとてるてる坊主がかわいらしいです。

これから梅雨を迎え、本格的な夏になる6月にピッタリですね。

今月の神様朱印は七福神の一柱である弁才天様です。

また、本日は「己巳(つちのとみ)」の日で弁才天様の縁日です。

前回の己巳が4月2日だったので、それから60日経っているのですね。

4月2日のブログでも「己巳」の弁才天様の縁日についてご紹介いたしました。

ですが、なぜ巳の日の中でも己が付く日なのかはお話していなかったと思います。改めて調べてみました。

それは、陰陽五行説の五行相生に基づきます。

木→火→土→金→水→木という順に相手を強める影響をもたらすというのが五行相生です。

木から火が出て土になり、土が金となり、金が水となり、水が木を育てるという感じですね。簡単に流れをいうとこんな感じになります。

「己(つちのと)」とは読み方からもわかるように「土」を意味します。土は金を生じさせます。なので、財運の神である弁才天様の縁日は己の巳の日なのです。

そんな弁才天様の御朱印は今までの明るい背景とは異なり、梅雨の季節ピッタリな紫陽花と雨の風景の御朱印となっております。

こちらは書置きのみの対応となります。

6月の直書き可能な日のお知らせです。
・6/1(土)・6/15(土)
*午前9時~午後4時(丸文字可)
・上記以外の土曜日
*午前9時~午後5時(丸文字可)

・すべての日曜日
*午前10時~午後5時

平日
戌の日・6/6(木)・6/18(火)
*午前9時~午後3時(丸文字可)
.
※上記以外の日は基本的に書き置き(通常文字のみ)か押印のみとなります。

その他の情報はHPをご覧くださいm(_ _)m

昨日のすっきりとしたお天気とは違い、ちょっとどんよりお天気・・・。今日は31日、冠稲荷神社は明日の月次祭の準備を行い、神様のお供え物を新しく致しました!観光の方もお見えになり、宮司のお話しの後、巫女舞をご覧になられました!!

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です。

今日であの長いGWもあった五月も終わり、明日からは6月「水無月」が始まります。

なんと、令和にはなりましたが、平成から含めますと、今年もあと半年となります。

なんだか、お正月が二回あったような感覚が私の中では起きております(笑)

明日から6月ということもあり、巫女たちは月次祭の準備に大忙しでした。

月次祭は神社ごとに違ったりもしますが、冠稲荷神社では毎月1日と15日に行われます。

その為の準備として、前日に神様に捧げる神饌を新しくしたり、御神酒などがはいっている瓶子をきれいにしたり、お米やお塩などのお皿をきれいにしたりと、朝から忙しなく動いておりました^^

古いお供え物などを下げたら、半紙を新しくして、綺麗にしたらもう一度お供えします。

そして、お昼ごろには観光のお客様もご来社くださり、宮司様のお話しを楽しんで頂きました。

その後は巫女舞をご覧になっていただき、ティアラグリーンパレスにてお食事を楽しんで頂きました。

皆さま遠方より、ようこそお越しくださいました*^^*

そして最後に、今日はお車とペット社近くの手水のところにかわいいお客様を発見!

ちょっと遠くて見えないけど、なにやらこちらを見ている子が・・・(笑)

近くによって見ると、どうやらお水を飲みにきたようです。

冠稲荷神社のインスタにも時々現る、サビ猫ちゃんです!

可愛い!!(*^^*)

もう少しだけ近づいて可愛いお顔をぱしゃり☆

心なしかちょっと睨まれたような・・・?(-ω-*)

涼しい時間帯の神社ですと、このような形で可愛い出会いがあったります。

お参りの際のお時間帯のご参考にしてみてください♪

本日もとても暑い日となりました。五月とは思えないくらいの暑さですね。皆さま熱中症にはお気を付けください。さて、本日は甲子(きのえね)の日です。七福神の一柱である大黒天様の縁日です。また、本日の月は下弦の月だそうです。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

昨日に引き続き暑い日となりましたね。

日差しがとても強いので、お参りの際はお気を付けください。

さて本日は甲子(きのえね)の日!

大黒天様の縁日です!

大黒天様は七福神の一柱で、もとはヒンドゥー教のシヴァ神の化身であるマハーカーラの訳です。

「マハー」が「大(偉大なる)」、「カーラ」が「時、または黒」を意味するそうです。この「黒」は暗黒を表し、実は闇の神様でとても恐ろしい姿をしています。

日本では、大黒(だいこく)が「大国」に通じるため、大国主神と混同され、その後、闇の神様ではなく、豊饒の神として食物・財福を司る神となったそうです。

さて、大黒天様と言えば米俵に乗り、福袋と打出の小槌を持った姿で表されます。

袋を持っているのは因幡の白兎の説話で八十神たちの荷物を入れた袋を持っていたためであり、ここからも大国主神と混同されていたことが分かります。

また、大国主神がスサノオノカミの元へ訪れた際、スサノオノカミの計略により焼き殺されそうになった大国主神を鼠が助けたという説話や、大黒天様が米(食物)の神で、鼠が米と関係が深いことから、鼠が大黒天の使者であるとされます。

なので、子(鼠)の日特に十干十二支の最初である甲子の日が大黒天様の縁日です。

そんな大黒天様は七福神殿と厳島社に祀られております。

虫も多くなっていますので、お参りの際にはお気を付けください。

ここ何日か風が強い日が続いていますね。地鎮祭でも祭壇が倒れるほどではありませんが、お供え物が落ちてしまうほど風が強かったです。このような日はあまり鳥さんも遊びに来てくれませんね。ですが、先日夕方にインスタグラムにも度々登場していた鳥さんが姿を見せてくれました!

こんにちは

巫女の岩瀬愛梨です。

今日は曇ったり晴れたりと移り変わりの激しい天気でしたね。

曇っているときは風も吹き、涼しいのですが、日差しが出るととても暑くなりますね。

本日も外祭二件に随行いたしました。

まず一件目は大泉町のスマートハイムシティでの地鎮祭です。とても綺麗に新しい家々が建ち並んでいるところで驚きました(#^.^#)

二件目は大原町での地鎮祭です。残念ながら写真を撮ることができませんでした。

風の強い中でしたが、滞りなく神事が執り行われました。

そして本日は、この間出会った二羽の鳥さんのお話をしたいと思います。

つい先日、写真を撮ろうと境内に出ていたところ、鳥さんたちの鳴く声が木瓜の近くから聞こえてきました。

木瓜の花が咲いていたころは鳥のさえずりが聞こえてくるとメジロっちいるかな?と探してすぐに見つけていたのですが、葉っぱが増えた現在では探しにくくなっております。

なので、見えたらいいなという思いで木瓜の周りを探索しておりました。

でも姿は見えず、周りを見渡してみると遠くで細い枝に止まって鳴いている鳥を発見しました!遠いですね・・・。

夕刻、参拝の方に不審な目で見られながらもカメラを構え、遠かったために徐々に近づいて撮っていったのですが・・・携帯のカメラでは限度があり、これが限界でした・・・。

おそらくヒヨドリではないかと思います。

その後、厳島社の前の池に鳩がいるとの情報が入り、池の水を飲んで羽を休めているところを激写!

拡大もしておりますが、ここまで近づいても平気な人なれしてる鳩さんでした。

その後実咲社近くの枝垂れ桜でまったりとしていましたよ。

鳩さんは毎日のように境内に遊びに来ているので、皆さんも見つけてみてください。

 

 

本日、己巳【つちのと・み】の日です。60日に一度の弁財天様の縁日です。弁財天様をお祀りしている厳島社の近くの枝垂れ桜も見頃になっております。大鳥居の桜や、木瓜以外にも植栽された桜や桃の花も開花してきて、一つ一つの花の形、大きさなど見て頂くとより花を楽しめるかと思います。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

昨日は新元号が発表されたり、冠稲荷神社でも健康長寿祈願祭が執り行われたりと大賑わいな日となりました。

そして、本日は己巳【つちのと・み】の日です。

巳の日は芸術や財運を司る弁財天様に縁のある日です。

弁財天様は、元々、ヒンドゥー教のサラスヴァティーという女神様で、水の神または音楽の神とされています。七福神殿の弁財天様が琵琶を持っているのはそのためです。

そして、日本に伝わってきた当初は「弁才天」と書かれ、芸術の神様として崇められました。やがて、「才」が「財」という音に通じることから、財運をもたらす神として信仰されるようになったそうです。

なぜ、巳が弁財天様に縁があるかというと、白蛇が弁財天様の遣いだからです。

白蛇は幸運を招くとされ、さらに金運の神としても崇拝されてきました。

その中でも、60日に一度やってくる己巳の日は弁財天様の縁日です。

そんな弁財天様は七福神殿そして厳島社に祀られています。

そして、本日、可愛らしいお客様がいらっしゃいました!

ご祈祷に来たミルキーちゃんです。

こちらはご祈祷後、絵馬を掛けているところを「何してるの?」と興味津々に・・・
見ていたり、見ていなかったりするところです(^_^)

ブログの掲載許可ありがとうございます!ようこそお参りくださいました!元気にお過ごしください(#^.^#)

そして、最後に境内の様子です。

南の方に植栽された木には沢山花が咲いています。

蕾から開き始めたばかりで、ベルのような形になっているものや「こんにちは!」と元気な声が聞こえそうなほど大きく開いた花などさまざまなお花を楽しめます。

北の方に植栽された木にも花が咲いてきました!

まだまだ蕾があるので、これからもゆっくりと花の様子を楽しみたいと思います!

 

 

今朝は大雨でしたね。雨が上がった後、境内は清々しい風が吹いていました。風が木々を揺らし、力強いざわめきが聞こえてきました。すぐ近くで水の流れる音も聞こえ、まるで森林浴をしているような気分になりました。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

朝から雨が降って少し寒くなりましたね。境内も雨の音がBGMとなり、とても静かでした。

そのうち雨も上がり、晴れてきましたね。朝の状況から考えられないくらいの清々しい天気となりました(#^.^#)

さて、そんな境内の木瓜の様子です。

花が開いているものも多くなってきました。一つの枝にいくつもの花がついていると、梅の花を見たときのようにワクワクします(*^_^*)

北側のほうも蕾が色づき始めてきています。

南側は遠くからでも赤い花が確認できますね。

めじろっちが来ていないかと探したのですが、残念ながら見つけることはできず・・・

代わりに鳩を見つけました(笑)

最初は一羽だけでしたが、その後もう一羽遊びに来てくれました!驚かせないようにと遠くからしか撮れませんでした(^_^;)

梅の花は散ってきていますが、まだまだ綺麗な姿を見せてくれています。

菅原社付近の梅は紅梅と白梅が隣同士になっており、咲くのも遅かったためか、可愛らしいお花を咲かせております。

晴れてからは風も強まったので、梅の花びらがはらはらと舞い落ちるさまを撮りたかったのですが、難しいものですね。

風が強かったため、楠のざわめきがとても力強くて風流でした。また、厳島社の前にある池の水のせせらぎも聞いていて心安らぎます。

17日には初午大祭があります。木瓜が満開の姿を見ることができるのか、今から楽しみです(*^_^*)

 

本日は仏滅でしたが、観光のゲスト様がいらっしゃってくださいました!新しい御守もさっそくお手にとって下さる方がいてうれしかったです*^^*

こんにちは。

巫女の片野志穂菜です^^

今日は昨日に比べると、日中の境内は暖かくて過ごしやすかったです!

これぞ春!!という感じでした(笑)

厳島社には、インスタでちょくちょく出ている黒にゃんも(-ω-*)

でもその分花粉も多くて、摂末社はいつも黄色い花粉まみれになっています・・・。

みなさま花粉症は大丈夫ですか?(-ω-;)

今日は仏滅ですが、お天気に恵まれておりましたので、ご祈祷に来て下さる方もいらっしゃいました!

御朱印の受付には、以前ペット祈願にきてくださった方が、

「原因不明の病気だったのにすっかり元気になったよ」

と、笑顔でご報告してくださいました*^^*

とてもうれしかったです。

今度ご来社してくださった際には、ぜひお写真を撮らせてくださいね♪

そして、今日のお昼ごろには、観光のゲスト様にもご来社頂きました!

昨日、新しい御守をお出ししたので、たくさんの方に見て頂けたと思います(*・ω・*)

個人的に好きなのは、このさくら守り!

みどり色のタッセルがとてもおしゃれで、さくらもとってもかわいいので、みなさまぜひ実際に見に来てください*^^*

観光のゲストの方々は、バスを降りた後は境内を散策して、そのまま巫女舞をご覧になってくださいました。

終ったあとは、ティアラグリーンパレスにてお食事を楽しんで頂きました!

巫女舞は如何だったでしょうか。

楽しんで頂けたなら嬉しいです!!

明日は大前神前結婚式も予定しております。

雨が降らないことを祈っております・・・(ーωー*)

 

本日は朝から晴れて、境内にうっすらと積もった雪もすぐに融けてしまいました。日中は暖かく、おなじみの鳥さんたちもとても気持ち良さそうでした。。。と、厳島社の池の水面にお地蔵さまが出現!?

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

本日は朝から晴れて、境内にうっすらと積もった雪もすぐに融けてしまいました。日中は暖かく、おなじみの鳥さんたちもとても気持ち良さそうでした。

こちらは厳島社の池。そこに鳩ちゃんが一羽やって来まして。。。

石にペトッと座りおいしそうに水を飲みはじめました。

ふと水面を見ると、なんとビックリ!お地蔵さまがいらっしゃるではありませんか。しかも、しっかり赤いよだれかけもまとっていらっしゃいます。

鳩ちゃんは手を合わせることなく飛び立ってしまいましたが、私は何となく気になりまして、改めてお地蔵さまについて少し調べてみました。

正式には「地蔵菩薩」といい、仏教の信仰対象である「菩薩」の一尊。サンスクリット語ではクシティ・ガルバ、「大地」と「胎内」を意味するそうです。大地が全ての命を育む力を蔵するように、苦悩する人々を無限の慈悲の心で包み込む、ことから「地蔵」と名付けられた、とされています。

また、お地蔵様は子供を守る神様として信仰される事も多く、自分の子供が元気に育つようにと、よだれかけや丸い頭にかぶせる頭巾を奉納するそうです。

日頃、様々なところで見かけるお地蔵さまですが、このような由来があったんですね。

 

さて、お地蔵さまが水面に現れた池は宇賀弁財天様が御鎮座される厳島社にあります。ご神徳は健康長寿、健康回復、健康増進です。

※ライトアップされた夜の厳島社も雰囲気があって素敵です。

 皆さま、冠稲荷神社にご来社の際にはぜひ、お参りください。