明日、8月1日は「月次祭(つきなみさい)」。神様にお召し上がりいただく美味しそうな野菜やフルーツを準備いたしました♪そして、月替わりの縁守(えにしまもり)は「参道の百日紅(さるすべり)」の頒布が始まります!

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

本日も沢山の方にお参りいただきありがとうございました。明日から8月です。旧暦では「葉月(はづき)」と呼びますが、その語源は落葉が始まる時期であることから「葉落ち月」と呼ばれていたことが、「葉月」の由来とも言われているそうです。

 

さて、今朝は早くから明日、8月1日の月次祭の準備を進めておりました♪

昨晩のうちにスーパーにて神様にお供えする季節の野菜やフルーツを買って参りました。トウモロコシが美味しそう^^

幣殿にはトウモロコシや大きなカボチャ、瑞々しいグレープフルーツなどをお米や御神酒と一緒にお供えしました♪

こちらは聖天宮です。新鮮でとっても甘そうなニンジン、ジャガイモもお供えしました^^

神様の恩恵に感謝の気持ちを込めて。。美味しくお召し上がりいただけますように。

 

そして… 巫女が奉製する月替わりの縁守(えにしまもり)は明日、8月1日より「参道の百日紅(さるすべり)」を頒布いたします^^

こちら神前で神職によるお祓いを待つ、限定150体です。

縁守(えにしまもり)は男女の縁、人間関係の縁、幸福との縁を結びます♪皆さまにこれからも素敵なご縁がありますよう、お祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です