タグ別アーカイブ: 合格祈願

木瓜、桜、梅、めじろっちも…?境内のお花の開花情報です♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

この週末も沢山のご崇敬者様にご来社いただき誠にありがとうございました。2日間ともぽかぽか陽気で春がすぐ近くまで来ていることを感じられる、絶好のお参り日和でした(^^)

下の写真は暖かい日差しの下、せっせと羽繕いするメジロっち♪スマホ撮影の画像でちょっと残念ですが、木瓜の開花状況をチェックしていたところ、可愛らしい姿をキャッチできました(^^)

先日、お客様より「メジロはいつ頃、どの辺りで撮影できますか?」と、ご質問いただきました。めじろっちはお天気の良い日と、お日様のよく当たるところが好きなようです(^^) 木瓜はまだ蕾の状態ですが、これから花が咲き始めると蜜を吸いに沢山のめじろっちがやって来ます。どうぞお楽しみに♪

さて、春が近づくと境内のお花情報の掲載も忙しくなって参ります(^^) ほんの数輪ですが、辰巳のお山の河津桜が開花いたしました。可憐な早咲きの桜です♪

紅梅はようやく3~4分咲きくらいになりました。学問・技芸上達、合格必勝の神様、菅原道真公を祀る菅原社の近くで咲いています。菅原社には今シーズンも沢山の受験生がお参りくださいました(^^)

ところで、梅の花をこよなく愛した菅原道真公。つい先日2月25日がご命日でした。

「東風(こち)吹かばにほひおこせよ梅の花あるじなしとて春な忘れそ」

代々学者の家柄に生まれ、長じて学者、文人、政治家として卓越した能力を発揮した菅原道真公。その異例の出世が時の権力者、藤原氏の反発を買い失脚、無実の罪で北九州の大宰府へ左遷されました。上記はその時に詠んだ一首です。

後に祟り神として祀られた道真公ですが、実際には劣悪な状況下にあっても、人を恨むことなく、その境遇を静かに受け入れながら最後を迎えた、という記事を何かで読みました。とても立派なお人柄だったのですね。

当社でのご祈祷について「よくあるご質問」に回答させていただきます♪

こんにちは。

出仕の朽津由美子です。

本日も冷たい雨の降る肌寒い一日となりました。台風が近づいていることも心配ですね。皆さま、くれぐれもお気をつけくださいm(__)m

さて、日頃より厄除や方位除、安産祈願や病気平癒、お車のお祓い…等々、当社でのご祈祷について、お客様から様々なご質問をいただきます。そこで、今回はご祈祷に関する皆さまからの「よくあるご質問」から主な3項目に回答させていただきます♪宜しければどうぞご参考ください(^^)

【ご質問1】予約は必要ですか?

【回答】当社では毎日、午前9時~午後17時まで随時、祈祷受付を行っております。ご予約の有無に関わらず当日、社務所の窓口にて「お申込用紙」に必要事項をご記入いただき、受付をお済ませいただいた順番でご祈祷をお受けいただいております。※日程によっては神前結婚式や祭典など、特別な神事を行う場合がございますので、ご祈祷の前後にご予定のある方は予めお問合せいただき、お時間に余裕を持ってご来社ください。

【ご質問2】祈祷を受ける本人以外の家族や友人、カメラマンも一緒に拝殿に上がれますか?

【回答】お連れ様も一緒にご昇殿いただけます。また、カメラマンさんも他のお客様にご配慮いただきながらの撮影であれば問題ございません。

【ご質問3】初穂料(祈祷料)を教えてください。

【回答】祈祷の種類により異なりますが、当社Webサイトよりコチラの「祈祷の種類と初穂料」の一覧表をご参考いただけます。※一覧表に掲載のない内容につきましてはどうぞお気軽にお問合せください。

上記の質問事項にない内容につきましても、どうぞお気軽にお問合せください(^^)

皆さまに神様のお恵みがありますよう、お祈り申し上げます。