カテゴリー別アーカイブ: 未分類

皆様の地域でお祭りは行われましたか?これからお祭りや花火大会が行われる地域もあることでしょう。神社でも最近は祭典やお祭りで使用するお神輿の御霊入れなどがありました。本日はお祭りについて考えてみたいと思います。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日も境内では蝉が元気よく鳴いています(^_^)

ここ最近は祭典やお神輿のお祓い、また花火大会などが開催されるなどお祭りが沢山ありました。

そこで、本日はお祭りについて考えてみたいと思います。

まず、お祭りとは、その年の収穫の感謝や祈り、慰霊のために神仏や祖先をお祀りする儀式です。

古代では祭祀と政治が一致していたため、政治の事を政(まつりごと)と呼びました。

祭祀の際には神様などに対して供物などが捧げられ、儀式が行われます。

最近では祭祀とは関係なく行われるイベントも祭りと言われます。

また、祭祀と祭礼という言葉にもちょっとした違いがあります。

祭祀はどちらかというと神社で行っている祈祷や地鎮祭などですね。ご神体に神様をお招きして、お願い事をして人間への加護を願うものです。

祭礼はどちらかというと地域で行っているお祭りですね。

五穀豊穣や商売繁盛、疫病退散、無病息災、家内安全、安寧長寿などの招福祈願や厄除けとして行われるものです。

また、年中行事が発展して行われているものや慰霊のためなどいろいろな目的や意義があります。

皆様の地域で行われているお祭りもどういった由来で行われているのかなど調べてみると面白いかもしれませんね。

 

本日、二十四節気の「大暑」です。その言葉にふさわしい暑さとなりましたが、出張神事が何件かありまして、随行させて頂きました。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

朝のうちは曇っていましたが、徐々に太陽が出てきて汗ばむ陽気となりました。

本日は二十四節気の「大暑」ですね。

その言葉にふさわしい天気となりました。

そして、今日から七十二候は「桐始結花」(きりはじめてはなをむすぶ)となります。意味はそのまま、「桐が花を咲かせる頃」です。

なんだかとても綺麗な響きに聞こえますね。

そんな本日、4件の外祭がありました。

1件目は太田市岩松町で行われた地鎮祭です。

施工会社はコンチネンタルホーム㈱様です。

2件目は太田市新田上江田町での地鎮祭です。

施行会社は㈱石田屋様です。

今回も安全宣言とヘルメットの贈呈が行われました。

3件目は太田市大島町での地鎮祭です。

施工会社は㈱一条工務店群馬様です。

4件目は邑楽郡大泉町古海で解体のお祓いがありました。

施工会社はパナソニックホームズ㈱様です。

解体の後、地鎮祭も8月に行われる予定になっています。

冠稲荷神社では、出張神事を受け付けております。

解体のお祓い、その後の地鎮祭、上棟祭、お家が完成した後の入居のお祓いなどなど・・・。

他にも井戸の埋め立て、樹木伐採、その他氏神様や神棚の撤去や設置の御霊抜き、御霊入れの神事を承っております。

お気軽にお問合せください。

曇りの日が続いていましたが、今日は晴れましたね。ここ数日に随行した、出張神事についてお話ししたいと思います。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は久しぶりに太陽の光が差し込み、暑くなりましたね。

ここ数日、出張神事の随行をしておりましたので、ご紹介したいと思います。

まずは土曜日、埼玉県日高市高萩にて清祓いの神事を執り行いました。

その後、入間市宮寺に移動し、こちらは氏神様の清祓いを行いました。お役目を終えた御札とお狐様を新しい御札とお狐様に取り換えました。

氏神様がとても立派です。鳥居もありました。

日曜日にはスバルの矢島工場にお伺いして、おおた祭りで使用するお神輿の御霊入れをしました。お神輿の御霊入れは初めてでした。工場の方が様々な色の法被を着ていらっしゃって、また、人数の多さにも圧倒されました。

その後、前橋市二之宮で地鎮祭を執り行いました。施主様のお子様たちも頑張って地鎮の儀で鍬入れを行っていました(#^.^#)

その後、館林市富士原で地鎮祭を執り行いました。

そして、昨日は出張神事はなかったのですが、お車のお祓いのご祈祷がありました。

ご祈祷の様子を撮影したのですが、動画をパソコンに取り込む道具を忘れてしまいました・・・(-_-;)

よって本日は写真のみとさせていただきます。残念・・・(-“-)

車のお祓いの様子は、後日ご紹介したいと思います。

 

 

本日は7月7日、新暦七夕の日です。雨がぱらぱらと降ったり、止んだりと不安定な天気でした。昨日に引き続き、七夕に関するお話です。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は新暦七夕ですね。

昨日は七夕の有名な織姫と彦星の伝説についてお話しいたしました。

本日は、七夕が元々どのような行事であったかをお話ししたいと思います。

七夕は元々「五節句」の一つである「七夕(しちせき)の節句」です。

元々は中国で行われていた乞巧奠(きっこうでん、きこうでん、きっこうてん、きぎょうでん)という行事です。

乞巧奠は7月7日の夜、織姫にあやかって手芸上達を願い、庭先に針や糸など裁縫道具を供えて星に祈りました。

この行事が日本に伝わり、日本に元からあった、女性が神様のために着物を織る「棚機(たなばた)」という神事が結びつきました。「七夕」が「たなばた」と呼ばれているのは、これが関係しているようですね。

七夕の行事は最初は宮中や貴族の家で行われましたが、江戸時代には一般庶民にも広がり、手習い事の上達を願い、素麺が食されました。

素麺が食されるのは

・天の川に見立てたため

・糸に似てるから

・古代中国のある貴族の子が7月7日に亡くなり、祟りによって病が流行ったため、その子の好物であった索餅(さくべい・素麺の原型)をお供えしたため

などの理由があります。

また、七夕は願い事を短冊に書き、星に祈ることから「星祭り」、笹竹に飾り物をすることから「笹の節句」とも言うそうです。

また、七夕でお願い事を書く短冊にも意味があります。

まず、色は赤・青(緑)・黄・白・紫(黒)の五色です。これは陰陽五行説に基づいています。

紫(黒)は学業、赤は両親や先祖への感謝、白は規則や義務を守る達成の願い事、黄は人間関係、青(緑)は成長や直す事などを書くと願いが叶いやすくなるそうです。

色でお願い事が違うなんて面白いですね。

皆さんはどの色でお願い事を書きますか?

本日は行事としての七夕についてお話しました。

明日は七夕ですね。五節句の一つですがその話は後にして、本日は織姫と彦星の伝説のお話をちょっと掘り下げて?みようと思います(#^.^#)

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は曇ったり晴れたり、雨が降りそうだったりと不安定な天気でしたね。

午前中に大前神前結婚式(神社婚)がありました!

雨が降らなくてよかったです。

明日は七夕ですね。天気は曇りだったり雨の予報のようです。七夕の織姫と彦星のお話をご存知の方は多いと思います。

簡単にまとめると働き者だった織姫と彦星は結婚した途端に働かなくなり、怒った天帝が二人を天の川を隔てて引き離し、一年に一度、7月7日に会うことを許したというお話です。

さて、天の川を隔てた二人はどのように会うのでしょうか?

 

小舟にでも乗って会いにいくのでしょうか。現在の限定御朱印のイラストです。きつねさんかわいいです(笑)

皆様はこのような歌をご存知ですか?

鵲(カササギ)の渡せる橋に置く霜の白きを見れば夜ぞ更けにける

こちらは中納言家持(大伴家持)が詠んだ歌で『新古今集』に収録されており、百人一首にも選ばれている和歌です。

天の川にかささぎが渡したという天上の橋のように見える宮中の階段であるが、その上に降りた真っ白い霜を見ると、夜も随分と更けたのだなあ、という意味です。

実は天の川を渡るために、カササギという鳥が手を(羽を?)貸してくれていたのです。

どうやって天の川を渡ればいいのだろうと困惑していた織姫(彦星?)の元にどこからともなくかささぎが現れ、並んで天の川に橋を架け、二人を出会わせてくれたのです。

このことから、天上を意味していた宮中の御殿の階段もカササギが架ける橋・鵲橋(じゃっきょう)というそうです。

※ちなみにこの歌は霜という言葉も出てくることから、冬に詠まれた歌です。

また、七夕の日、織姫と彦星は雨だと出会うことができないとお思いの方も多いのではないでしょうか?

伝説では雨が降ると水かさが増し、天の川を渡ることができないので、二人は会うことができないと言われております。

手を貸してくれるカササギはどうしたのでしょう。

実は、これには二通りのお話があります。

1、水かさが増してカササギが橋を架けることができず、会えない。

2、水かさが増して渡ることができないと悲しんでいた織姫(彦星?)のもとにカササギが現れ、橋を架けて会うことができた。

2のほうのお話がいいですね。

また、7月7日に降る雨を催涙雨(さいるいう)と言います。

二人が会えなくて悲しんでいる涙の雨ということですね。

しかし、こちらも出会うことができた喜びの涙の雨だとする解釈もあるのです。

カササギにしても、雨にしてもポジティブな解釈のほうがいいですね。

それに、私としては天の川は雲の上にあるもの、雨が降っても、曇りでも、雲の上は晴れているという解釈をしております。

なので、曇っているときは織姫と彦星が他の人に見られないように隠れるため、雨ならば嬉し涙と考えております。

皆様はどのように解釈しますか?

長くなったので、また七夕の話ができたらしたいと思います。

神社での結婚式は新郎様、新婦様だけではなく、両家の縁を結ぶという意味があります。本日は冠稲荷神社の神社婚の儀式の一つ「縁結びの儀」に使用する紅白の縁結びの指輪を作る練習をしました!

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

昨夜は雨が降ったようですね。

朝、神社に来たら地面が濡れていました。

本日も夕方から雨が降る地域があるようですね。

皆様、体調や事故などにお気を付けください。

さて、6月は計4件の大前神前結婚式(神社婚)がありました。

外国から神社婚をしたいと冠稲荷神社にお越しくださった新郎様新婦様や、あいにくの雨でしたが、とても幸せそうな新郎様新婦様など、とても印象に残った神社婚でした。

冠稲荷神社では神社婚の際に三つの儀式を行っております。

その中の一つ、「縁結びの儀」、こちらは紅白の紐で作られた縁結びの指輪を、新郎様と新婦様に取り交わしていただくことで、お二人の縁を結び、そしてご両家の縁を結んでいただく儀式となります。

この縁結びの指輪は一つ一つ手作りで作られております。

お花の部分を作ることもそうですが、一番難しいのが一番上のハートの部分です。

これはどうなっているの?と四苦八苦しながら作る練習をしました(#^.^#)

今後、冠稲荷神社で神社婚を挙げる新郎様新婦様のために綺麗で心を込めた縁結びの指輪を作れるように練習を積み重ねていきたいと思います。

ちなみに練習で作った縁結びです。すべての花びらを同じ形にするのも難しいですね。

境内の縁結びの木瓜の実が大きくなってきました。握りこぶしくらい大きくなった実もあります。

桃の木にも立派な実ができていました。

このように色々な縁が実を結ぶようにお祈りしております。

27日に随行した外祭と本日の境内の様子についてご紹介いたします。少し薄暗い境内でしたが、今まで気が付かなかった小さい花にも会えました\(^o^)/

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は朝のうちに雨が降り、どんよりとした天気になりましたね。

境内にいろいろな花が咲いておりましたので、ご紹介いたします。

まずはこちら紫陽花です。つい先日のブログでもご紹介いたしましたが、その時より花が増えたような感じがします。

こちらは白南天(しろなんてん)です。まだ蕾が多いですが、ちらほらと花が開いております。

白南天は南天(なんてん)という読み方が難転と当て字ができるため、災難や難関を転じるという意味に捉えられ、縁起が良い植物として人気だそうです。

この白南天は辰巳鳥居に向かうところに咲いています。

そして、こちらはヒメヒオウギスイセンの花です。

聖天宮へ上る階段の脇にひっそりと咲いています。インスタグラムにも載っておりますが、こちらは本日撮ったものですので、雨に濡れ、ちょっとお花の元気がありません。

最後にクチナシです。白いお花は時間が経つと黄色に色が変わっていきます。

相変わらず良い香りです。クチナシの出番が多いのは、最近の私のお気に入りだからです(笑)

話は変わりまして、27日に随行した外祭について、ちょっとご紹介します。

まずは伊勢崎市曲輪町で行われた地鎮祭です。滞りなく神事が終了した後、施工会社の方が祝辞を述べられました。

その後、神社に戻り、石川建設様の安全祈願祈祷の後、岩瀬川町で地鎮祭を執り行いました。

そして館林市富士原町で地鎮祭の後神社に戻り随行を交替!その後再び交替して細谷町の地鎮祭に随行いたしました。

最後は深谷市上野台まで法人様の開所、神棚の清祓いを行い、神事はすべて終了となりました(#^.^#)

明日は、戌の日です。日曜日で15時から大祓式もあります。雨の予報ですので、お気をつけてご来社くださいませ。

本日はとても暑い日ですね。六曜では仏滅となっており、良くない日とされておりますが、実は一粒万倍日と天赦日などが重なった一年で一番いい日です(#^.^#)

こんにちは

巫女の岩瀬愛梨です。

本日はとても暑くなりましたね。扇風機の風がとても気持ちいいです。

さて、今日は仏滅です。

仏滅は六曜の中では大凶日に当たり、何事もうまくいかない日とされております。

ですが、本日は2019年の中で最も良い日なのです。

まず、暦の上で十二直では建、二十八宿では参となっております。

建は万物を建て生じる日で大吉日で、旅行や結婚、引っ越しにも良い日となっております。ただし、屋敷内の土を動かす事、船に乗ることは良くないとされております。

参は結婚や養子をとることには吉日ですが、衣服を裁つのには凶とされております。

このように十二直でも二十八宿でもいい日となっております。

それだけではありません。実は本日は一粒万倍日と天赦日と神吉日が重なった日でもあります。

一粒万倍日は一粒の種が万倍にもなる日ですので何かを始めるにはとてもいい日です。しかし、お金を借りたりすることは凶とされています。

天赦日は百神が天に昇る日で、天が地上の万物を生養し、その罪を許す日です。暦の上で最上の吉日とされ、年に数回しかありません。

神吉日は神事に関することは吉とされる日です。神社への参拝や祖先を祀ることが吉とされております。

本日の境内はクチナシの良い香りが漂っております。

とても暑い日ですので、熱中症にはお気を付けください。

本日はあいにくの雨ですね。外祭が多くありましたが、私はお留守番です(笑)境内はとても静かでしたので、趣向を変えて幾つかおみくじを引いてみました!

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日は朝から大雨でしたね。

お昼から雨が止んできましたが、気温が低く肌寒いですね。

境内も雨で滑りやすくなっております。

お参りの際はお気を付けください。

今日はとても静かな日ですので、お御籤を引いてみました!

引いたおみくじはこれです。

開運招福みくじ七福神おみくじきつねおみくじの三種類です。

それでは開運招福みくじから開封してみます。

そのようなお言葉が書かれているのでしょうか。

「大きなことを成し遂げねば、偉大な人間にならねばと自分を追い詰める必要はない。大切なのはあなたの心、あなたの人生はあなたのもの、遠回りだと感じても楽しんで過ごせる道を進みなさい。」

とてもいい言葉ですね。読むと「自分らしさ」が大切だといわれているような気がします。

日々、自分らしく楽しく過ごしていくことを心掛けたいと思いますね。

ただ、気になる点が・・・

願望の欄見てください。

願望:春に運勢が変わる、落ち着いて過ごせ

・・・これから夏なので、十か月近く後・・・って遠いですね!(^_^;)

ちょっと、忘れないように気を付けます・・・。

こちらのお御籤には開運招福の御守がついております。

私は小槌でした。

続いて、七福神お御籤ですね。

こちらは最初に短歌が書いてあります。

「霜いくたびおけどかれざる松が枝のときわの色のうつくしきかな」

下には訳が書いてあります。

何事も動じずに迷うな、ということでしょうか?

あわてないように色々な経験を積んだり、心を強く持ったり、視野を広くしたいですね。

下にも色々書いてありますが、面白いですね。

待人:来ても遅い 失物:出る 低いところ

待人が一番笑いましたね。来ても遅いってヽ(^o^)丿

そして、願望:心長くして騒がねば時いたりて叶う・・・

開運招福みくじの願望の欄に通じるところがありますね。

つまり、落ち着いて騒がず過ごせば、春に運勢が変わるということでしょうか。

色々解釈できるのが面白いですね。

こちらには七福神のうち一体の神様の御守が入っております。

私は寿老尊(寿老人)様です。

小槌と一緒にお財布に入れて持ち歩きたいと思います(#^.^#)

最後にきつねみくじです。

神の使いであるお狐様が、おみくじを背負っているようにも見えます。

神様のお言葉は「運気停滞して焦れば焦るほど損をし紛争が起る運です。しかし何事にも控い目にして神仏に念じ誠実な日常を送れば、大きな幸せが訪れます。」

・・・七福神おみくじと同じ感じですね。「焦るな」気を付けて日々過ごしていきたいと思います。

こちらは狐様が御守のような感じですね。

おみくじは神様のお言葉ですので、そのお言葉を大事にしていきたいと思います。

以前にもお話した方位除けについてです。本日は方位除けにちなんだ九星についてお話しいたします。

こんにちは。

巫女の岩瀬愛梨です。

本日も暖かい気温ですね。

以前、方位除についてお話しいたしました。

その時、八白土星や四緑木星などの言葉が出てきたかと思います。

この八白土星や四緑木星とは何なのかについて調べてみました。

まず、この八白土星や四緑木星というのは九星に基づいています。

九星とは、生年月日の九星と干支、五行を組み合わせた占術で、方位の吉凶を知るために使われることが多いです。

九星は決まった法則で各方位を回っており、生年月日によって定まる九星と干支との関係で各方位の吉凶を占います。

九星は一白水星・二黒土星・三碧木星・四緑木星・五黄土星・六白金星・七赤金星・八白土星・九紫火星の事です。

これらは定位置が決まっており、五黄土星を中心として、北に一白水星、北東に八白土星、東に三碧木星、南東に四緑木星、南に九紫火星、南西に二黒土星、西に七赤金星、北西に六白金星となっております。

この中で五黄土星は大凶の星であり、五黄と相対する方位も凶とされます。

なぜ、五黄土星が大凶なのかというと、五黄土星は他の土性である二黒土星や八白土星と比べて土気が強く、砂漠や荒野、地球そのものなどを表し、破壊や腐敗の力があるとされているからです。

方位除のこの図を見ると、南西に五黄があり、外側に五黄殺と書いてあります。

五黄土星は定位置である中央が一番落ち着く場所です。しかし、九星の循環でこの位置から追い出されると五黄土星が怒り、その方位に災いをもたらします。

そして、その五黄土星のある五黄殺の方位の反対側も暗剣殺といい、凶方位とされております。なので、五黄土星が定位置である中心にあるときは存在しません。

また、五黄殺はその方位が凶であるのに対し、暗剣殺は方位だけではなく、その宮に入った九星、今年ですと二黒土星にも災いをもたらすとされます。

皆様、どうぞ方位にはお気をつけください。

冠稲荷神社では基本的に9時から17時までご祈祷を受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。