晩から降り続いた雨でせっかく開いたお花が散ってしまったのでは…と、心配していた金木犀ですが、本日も元気に咲いていました!さて、本日は神社婚(大前神前結婚式)のお話しをさせていただきます♪

こんにちは。

巫女の朽津由美子です。

昨晩から降り続いた雨でせっかく開いたお花が散ってしまったのでは…と、心配していた金木犀ですが、本日も元気に咲いていました!

ほぼ満開、もう2~3日で散り始めるかもしれません。金木犀をお楽しみいただくなら明日、明後日頃までが一番、良い時期です♪是非、お近くにお越しの際には当社にお立ち寄りくださいネ!

 

さて、昨日のブログで岩瀬巫女がお知らせしたとおり、本日は2組様の神社婚(大前神前結婚式)が執り行われました。

2組様とも午前中のお式でしたので雨天が心配されましたが…なんと!1組目の新郎新婦様が参進を始める10分前にピタッと止みました♪

天の神様からの祝福により清々しいお天気の中、2組様の神社婚は滞りなく執り納められました^^ 本日は誠におめでとうございます♪新郎新婦様の末永いお幸せとご両家様のご発展をお祈り申し上げます。

ところで、神社婚といえば…「11年前にこちらで神前式を挙げました」というお客様が本日、県外からご奉納にお越しくださいました♪拝殿にお上がりいただき玉串奉奠や大太鼓奉打、天井画もご案内いたしました。

「お式の当日は緊張して何も覚えていなかったので、こうして見ると新鮮です」と、 笑顔でお話しくださった奥様。今回は改めて拝殿をご覧いただいたことで「新鮮」というご感想をいただきましたが、実は拝殿の内側も外側も11年前から何も変わっておりません♪そして、その「変わっていない」ということが、神社婚の良さでもあります。

お二人が永遠の愛を誓い、神様に結婚のご報告をされたその場所(=冠稲荷神社)は、これからもずっと、お二人の思い出の場所として残ります。いつでもどうぞお気軽にお越しくださいネ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です